aamall

2019年01月12日

"at least one"と限定の範囲

最近読んで気になった判決文がこちら→Howmedica Osteonics v. Wright Medical Technology, 540 F. 3d 1337

まず、問題となったクレームを引用します。

15. In a knee prosthesis for replacing the natural knee, the knee prosthesis having a femoral component and a tibial component, the tibial component including a bearing member and the femoral component including at least one condylar element for confronting and engaging the bearing member to accomplish articulation of the knee prosthesis throughout a range of flexion, including a primary range of flexion between a hyperextended position and a flexed position, the engagement between the condylar element of the femoral component and the bearing member of the tibial component ordinarily taking place at a contact area along articular surface areas of the condylar element and the bearing member, the improvement comprising:
    anterior-posterior surface profile contours along the condylar element and the bearing member, the anterior-posterior surface profile contour along the condylar element having an essentially constant anterior-posterior articular radius throughout the articular surface area of the condylar element which contacts the bearing member during articulation throughout the primary range of flexion, the anterior-posterior articular radius having an origin lying generally along a line extending laterally between the medial and lateral collateral ligament attachment points on the femur of the natural knee.

長いね…。

論点をざっくりまとめますと、クレーム内の"the condylar element"に関する限定が一つまたはそれ以上あるとされる"condylar element"全てに当てはまるのか、少なくとも一つに当てはまるだけでいいのかという点です。

で、裁判所の結論としては、下記引用の通りです。

[B]ased on the use of the plural "condyles" throughout the patent specification, "the importance of having the same radii on both condylar elements" to achieving the benefits of the patent, and the testimony of the inventor, the district court concluded that in a bicondylar prosthesis, where both condyles are replaced, "both condyles must meet [the geometric] requirements." J.A. at 37. Although this is a close case, we disagree.

The plain language of claim 15 requires only one condylar element. The femoral component must include "at least one condylar element," which the district court correctly understood to mean "one or more." The claim then requires that "the condylar element" meet the specified geometric limitations. If the patentee had intended both condyles in a bicondylar prosthesis to meet these limitations, he could have drafted claim 15 to require that "both condylar elements" do so. The more natural way of drafting the claim language to achieve that result would be to require "each condylar element," rather than "the condylar element," to conform to the constant-radius geometry.

なんかちょっとモヤっとします。

要するに、District Courtは、明細書内では常に複数の"condyles"が同径であるしそれが重要であるという説明がされているので、クレームの限定は全ての"condyles"にかかると判断したわけですよね。

しかし、CAFCでは、クレームでは"the condylar element"と記載しており、"both condylar elements"や"each condylar element"などのように全てに同じ限定が当てはまるという書き方がされていないので、限定は全ての"condular element"にかかるわけではないと判断したってことですよね。

やっぱりモヤっとするぞ。

実際、モヤっとしてる判事がdissent書いてますし。

実際の翻訳原稿でも『少なくとも一つの~』は度々登場します。

しかし、限定部分では『少なくとも一つの』が省かれ、単に『前記~』と記載されていることもあります。

こんな時、悩むんですよね。

単純に"the ~"と訳していいのか?

ここを単数形にした場合、一つ以上あるであろう要素のうちの一つだけに言及してると解釈されるのか?

"the at least one ~"と補った方がいいのか?

でもそれなら、原稿執筆者がそう書くんじゃないか?

そうしてはいないということは…?

という感じでぐるぐるします。

いずれにせよ、上に引用した判決文を考えると、"the + 単数形"で書いた場合、どう解釈されるかは微妙な気がします。

明細書内では常に複数形だったっていうのに、一つでもいいって判断ですし。

う~ん、、、

と、この判決文を読んでさらにぐるぐるしているのですが、こういう例もあるということを頭にとどめておくと、翻訳の際に役立つことがある、、、かもしれません。

とりあえず、原稿の内容から判断して、複数の要素全てを限定したいのか、少なくとも一つの要素を限定したいのか、考えることは必要ですね。


h_a_z_u_k_i at 16:31│Comments(0)英文明細書 | 英語表現

コメントする

名前
 
  絵文字