aamall

2019年06月

2019年06月06日

深夜のウェビナーに参加

昨夜というか、今朝早朝2時スタートのウェビナーに参加しました。

アメリカ東海岸時間でお昼頃だと日本は真夜中なので、ウェビナーに参加するときはいつもこんな時間です。

せめて東海岸時間で早朝にやってくれれば…。

今回は2時から4時までだったのですが、後半30分くらいは眠くてもう理解不能だったし、記憶がありません(^^;

で、何のウェビナーだったかといいますと、Learn online how examiners approach claim interpretationという、USPTOが無料で提供してたウェビナーです。

申し込みの時点では参加できるかどうかは審査があるようだったので、翻訳者なんて参加させてくれないだろうな~と思っていたらあっさりOKが。

内容はタイトル通り、審査官がどうクレームを解釈するかについてだったのですが、今回のウェビナーで話を聞いて、巷でよく聞く特許翻訳の約束事がただの都市伝説でしかないんだなと改めて認識した点がいくつか。

ウェビナーで使用した資料へのリンクももらったので、これからまたじっくり読み直します。

記憶喪失の部分もありますし。

きちんと整理した後で、まとめをブログに書くかも、書かないかも、、、

それにしても、いろんな人から伝え聞くのではなく、USPTOから直接見解を聞けるというのは、ありがたいことですよね。


h_a_z_u_k_i at 13:37|PermalinkComments(0)勉強