aamall

2020年02月

2020年02月24日

『Xの~する側の端部』って訳しにくいですよね

そう思いません?

特許明細書では『Xの~する側の端部』のような表現が頻出しますが、どう訳したら誤解なくその表現の意図が伝わるんでしょう。

というわけで、初めから英語で書かれた明細書を少々検索してみますと、"where"を使うことで解決するかな?と思い、数件引用します。

まず1件目。

********************
The slope of a front wall within the seed tube at an upper end of the tube where the tube is joined to the seed discharge chute of the meter is also generally vertical so as to extend in the mean direction of seed release of the seed meter. (US4915258)
US4915258-drawings-page-2
********************

上の図面で、"tube"が26で、"seed discharge chute"が44です。

つまり、tube 26はその上端部において
seed discharge chute 44に接合するわけですよね。

『Xの~に接合する側の端部』のような原文が出てきたときには、このパターンが使えようですね。

では、次。

********************
The cornice 43 is cut in a curve to follow the curvature of the ceiling where the ceiling meets the side walls 42. (US6308490)
US06308490-20011030-D00020
********************

こちらは端部の話ではありませんが、『Xのうち、~する部分の○○』みたいな原文を英訳する際に役立ちそうな表現ですね。

『天井のうち、側壁に接する部分の曲率』といったところでしょうか。

最後に。

********************
It is noted that bumper reinforcement do not require as high of bending strength at the structural mounts on ends of the beam where the beam is bolted to a vehicle frame or to vehicle crush tubes. (US9381880)

バンパー強化は、ビームが車両フレームまたは車両クラッシュチューブにボルトで固定されるビームの端部の構造上の取付部での曲げ強度ほどの高さを必要としないことに留意されたい。(JP2017-519674)
********************

こちらは対応する日本出願もあったので和訳も引用しましたが、英語で読むとすぐにわかるのに、日本語にすると一読しただけではなんのこっちゃ?です。

それはさておき、上記の英文の構造は参考になりますね。

こんな感じで、『Xの~する側の端部』みたいな表現を"where"を使って訳出すれば誤読されない英文になるのでは?と思い、普段から使っています。

今のところ、クライアントからの反応は何もありませんが。

日本語では関係詞がないので、名詞と関係詞節との関係が曖昧なことが多いですが、"where"を使うとサクッと処理できるなと思う場面は結構あります。

他にも訳し方があれば、教えてもらえると嬉しいな~。

h_a_z_u_k_i at 14:41|PermalinkComments(0)英語表現 | 英文明細書

2020年02月03日

『場合』をどう訳す?

フローチャートの説明などで、『Aの場合、Bをする。Aではない場合、Cをする』のような記載出てきますよね?

この『場合』、どう英訳するのがいいのかいつも悩みます。

ことの発端はまだインハウスで翻訳をしていた頃、ある翻訳会社のオッサン品質管理責任者との会話でした。

その際に見ていた英訳では『場合』を"if"を使って訳していたのですが、それを見てそのオッサン品質管理責任者が、『ifだなんて、起こるか起こらないか分からないみたいなバカな話ないだろ』と笑ったのです。

"if"を使うことの何が問題なのか私にはわからないと思いつつ、その場は黙っていたのですが、その後もクレーム内で"if"を使ってはいけないと言う人に会ったり、クライアントから"if"を"when"に書き換えられたり、"if"の何がいけないんだ?と謎は深まるばかりでした。

というわけで、調べてみた結果を発表します。

まず、クレーム内のif節の解釈では、MPEP2111.04 (II)が適用されますので、一部引用します。

*****************************************
II.    CONTINGENT LIMITATIONS
The broadest reasonable interpretation of a method (or process) claim having contingent limitations requires only those steps that must be performed and does not include steps that are not required to be performed because the condition(s) precedent are not met.

The broadest reasonable interpretation of a system (or apparatus or product) claim having structure that performs a function, which only needs to occur if a condition precedent is met, requires structure for performing the function should the condition occur. The system claim interpretation differs from a method claim interpretation because the claimed structure must be present in the system regardless of whether the condition is met and the function is actually performed.

See Ex parte Schulhauser, Appeal 2013-007847 (PTAB April 28, 2016) (precedential) for an analysis of contingent claim limitations in the context of both method claims and system claims.
*****************************************

Ex parte Schulhauserについて説明しているブログは色々ありますが、Beware of Conditional Limitations when Drafting Patent Claimsあたりが分かりやすいかと思います。

とりあえず、ここまででは、if節を含むクレームの解釈にはあるルールが適用されるというだけで、原文にある条件節を英訳する際に"if"を使ってはいけないという根拠は見当たりません。

にもかかわらず、つい先日も"if"を"when"に書き換えられるということがありまして、"when"に変更したら何か変わるの?と聞こうかと思ったのですがやめました。

ただの都市伝説なんじゃないかという思いが強まっていましたので。

で、調査は続きます。

Ex parte Whiteでcontingent limitationに関して言及している箇所があるので引用します。

*****************************************
Although the limitations at issue in Schulhauser were rendered conditional by the recitation of "if," see Schulhauser, 2016 WL 6277792, at *3-5, on this record, we discern no meaningful distinction between the recitation of "if' and the recitation of "when" recited in claim 1.
*****************************************

このケースでは、クレームにwhen節が用いられていたのですが、"if"も"when"も特に違いはないと言ってます。

う~ん、、、やっぱり"if"を"when"に修正する理由が見つからない。

ついでに、昨年10月にUSPTOが出したOctober 2019 Patent Eligibility Guidance Update, Appendix 1: October 2019 Examples 43-46からも引用します。

例として挙げられているクレームの下記ステップ(d)についての説明です。

*****************************************
(d) automatically operating the sorting gate, by the processor sending a control signal to the sorting gate to route the animal into a holding pen when the analysis results from step (iii) for the animal indicate that the animal is exhibiting an aberrant behavioral pattern, and by the processor sending a control signal to the sorting gate to permit the animal to freely pass through the sorting gate when the analysis results for the animal indicate that the animal is not exhibiting an aberrant behavioral pattern, 

This step is a contingent limitation, which requires a first action (operating the gate to route the animal into a holding pen) if a first condition occurs (the analysis results for the animal indicate that the animal is exhibiting an aberrant behavioral pattern), and a second action (operating the gate to permit the animal to freely pass through the sorting gate) if a second condition occurs (the analysis results for the animal indicate that the animal is not exhibiting an aberrant behavioral pattern). 
*****************************************

USPTOが、"when"を使ってるクレームもcontingent limitationの解釈が適用されるって言ってるじゃないですか!

やっぱり、"if"を"when"に修正する根拠は見つかりません!!!

そこを書き換えたからって何が変わるんですかっ!!!

以上、調査結果でした。

p.s. 根拠知ってる人いたら教えてください。


h_a_z_u_k_i at 18:31|PermalinkComments(0)英文明細書 | 英語表現