aamall

2021年01月

2021年01月24日

主語を書け!!!と思うとき

明細書を英訳していると、主語は?と問いたくなることがよくあります。

というわけで、たまにツイッターで怒りの気持ちを表すわけですが、そうすると、日本語の文では主語は必須ではないという意見も出てきます。

もちろん、その通りです。

日本語では、文脈から明白であれば主語を明記する必要はありません。

私が言いたいのは、文脈から明白ではない主語を書け!!!ということです。

例えば、『第1の値が閾値以下である場合、正常である。』のような文が明細書には出てきます。

はぁ?

何が正常なの?

第1の値?

装置の状態?

それとも第1の値によって示される装置内のどこかの部分の状態?

明細書の内容から考えて何を主語とすべきか、色々な可能性があります。

その答えを求めて明細書内を探索していると、この明細書書いた奴、禿げたらいいのに、、、と思えてきます。

他の例としては、ある装置が、処理部、制御部、検出部など色々な要素を含む際に、動作の主体が明記されていないと、装置を主体とすべきか、各部を主体とすべきか、翻訳者には決めかねるのです。

装置の構成の説明部分では、各部の動作が説明されていても、装置全体の動作の説明ではあえて装置を動作の主体にしたい事情もあるのだと、先日ツイッター経由で知りました。

何を動作の主体として英訳してほしいのか、原稿に明記することで翻訳者に知らせてくださいということです。

要するに、『主語を書け!!!』というのは、単に主語のない文を書くなということではなく、文中の動作の主体を書け!!!ということです。

原稿を書いてる方々も暇じゃないでしょうから、全文見直すなんてできないでしょうけど、たまには、自分の書いた文を見直して、この動作をしているのは何?とご自身に問うてみていただきたいものです。

その答えが当該文中や前後の文にないのなら、動作の主体を書け!!!

h_a_z_u_k_i at 15:04|PermalinkComments(0)日本語 

2021年01月21日

今年の抱負でも

時が経つのははやいといいますか、1月も下旬に入ってしまいましたね。

トランプ政権も終了したことですし(関係ないけど)、そろそろ今年の抱負でも考えてみました。

基本的には、今年もせっせと稼ぐ。

生活費に加え、老後の資金も稼がなくてはいけませんからね。

若かりし頃は、仕事で大切なのはお金よりもやりがい!みたいな理想を掲げ、教育業界で働いていたわけですが、現実的に老後の資金を考えなくてはいけない歳にもなると、そんなこと言ってられません。

仕事はお金のためにするものです。

せっせと稼ぐといっても、長時間労働なんてする気はないので、働いていない時間は何をしようか?と考えてみましたが、今年は、英語表現力の向上に努めます、多分。

そんなわけで、早速カナダの大学が開講しているエディター向けのコースに申し込んでみました。

かつてTechnical Writingの勉強をしていた時にも、プログラムの一環でTechnical Editingのクラスを取ったのですが、これがまあ、難しかったです。

プロのライターが書いた英語の文章を、より洗練された読みやすい文章にしなさいってことですから。

明らかな文法やパンクチュエーションの間違いは直せますが、表現そのものを修正するというのは、英語を母語とする人でも簡単にはできないですよね。

クラス自体はパスできましたが、成績はよくなった記憶が…。

そして今回は、あえてこの難しいEditingを本格的に学ぼうと思ったわけです。

でも、難しいことほどやる気は出ますね。

そういえば、フリーランスになる際も、フリーランスで生計を立てるのは大変って話を聞いて、じゃあ、やってやろうじゃないか!と思ったんですよね。

その後も、1,000万売り上げるのは大変と言われれば、じゃあ、やってやろうじゃないか!となっていったわけですが、実際にそこまでいくと、税金がっつり取られて、そんなに頑張る必要なくね?ってなりました。

ほどほどに働いて、その他の時間でやりたいことをやる。

今年はこんな感じでいけたらいいですね。

h_a_z_u_k_i at 14:13|PermalinkComments(0)miscellaneous