aamall

2021年05月

2021年05月19日

洋書を読もう

子どもの頃から読書の習慣をつけるのが大切という話はよく聞きます。

私自身はといえば、まったく本など読まない子どもでした。

小中学生の頃はマンガを少し読んでたくらいで、小説なんて全然興味なし。

高校生になってマンガ原作の小説を多少読むようになり、そこから平安時代の文学に興味を抱き、王朝文学の現代語訳を読むようになったくらいです。

とにかく、活字より数字が好きでしたね。

しかしアメリカに留学後、英語の学習のためにと思って洋書を読むようになったら、どういうわけか本が好きになりました。

多分、漢字が嫌いだったんだな。

今も嫌いだし。

まあとにかく、読書の習慣がなかった子どもが本好きな大人になることはあります。

前置きが長くなりましたが、洋書を読むのは今も続けております。

日本に住んでいると英語に触れる機会が少ないですから、積極的にインプットしていかないと英語力も低下する一方です。

基本的には2冊同時進行で読みつつ、1冊はAudibleで聞いています。

現在進行中の本はこちら↓。

No Time To Hide


Legal Thrillerってことになってますが、legalの要素よりthrillerの要素の方が強い作品ですね。この作家さんの作品は結構好きで、他に出版されてるものも全部読みました。


The Myth of Artificial Intelligence: Why Computers Can't Think the Way We Do 


読み始めたばかりでまだChapter 1しか読んでいないので中身については何とも言えませんが、AIに何ができて何ができないのかという話は大変興味があります。でもChapter 1を読んだだけでもなかなか難しい話をしているので、読み進めるのは遅くなりそう。


Wordcraft: The Complete Guide to Clear, Powerful Writing


英語で文章を書く人向けの指南書です。翻訳というよりはライティング向けの内容なので、実際の仕事にすぐ役立つ内容とは言えませんが、英文を書く上で何を考慮すべきか、考えるヒントがもらえます。ナレーターが上手なのもあって、Audibleで聞いていると聞き入ってしまいます。


一応、趣味の本、技術系の本、英文ライティングの本の3冊を同時に読み進めるようにしています。

毎日3~4時間は洋書(Audible含む)にかけるようにしていますが、その大半は趣味の本に時間を割いているので、他の本の進捗はいまいち(^^;

英語のアウトプットの質を上げるためにはインプットは欠かせません。

特に表現力の不足を日々感じているので、そこを補うためには毎日洋書を読もうと決めています。

h_a_z_u_k_i at 19:24|PermalinkComments(0)読書 | 書籍