aamall

2020年04月25日

廃業を考えるとき

今の仕事を辞めたいと思うのはよくあります。

たいていは、今の仕事が辞めたいというよりも単に『はたらきたくねー!』と思うせいですが。

まあ、基本的に怠け者なので、ほぼ毎日『はたらきたくねー!』と思ってますけどね。

それはさておき。

特許翻訳という仕事から離れたいと思うのは、日本企業の米国出願のトンチンカンな英文を見た時です。

調べものをしている中で過去の出願を読まなくてはいけない場面もあり色々読むのですが、ひどいの多いですよね。

この業界で仕事している人ならわかるかと思いますが。

今日も、あれで通用するような業界で、あーでもない、こーでもないと悩みながら翻訳してるのが馬鹿らしくなりました。

異常なまでに安い・速いを求めるクライアントもいて、その結果ゴミのような翻訳になってしまうケースもあるんでしょうが、原因はそこだけなんでしょうか?

ツイッタランドをうろうろしてた頃、翻訳業界は単価の底上げが必要って発言を度々見かけましたけど、底上げが必要なのは単価よりも翻訳のレベルかな?と思う今日この頃です。


h_a_z_u_k_i at 18:39│Comments(0)miscellaneous | 仕事

コメントする

名前
 
  絵文字