aamall

2020年05月31日

Punctuationの本が気になる

今気になるけど、買おうかどうしようか迷ってるのがこちら。

Actually, the Comma Goes Here: A Practical Guide to Punctuation


試し読みで読める部分だけ見てみたけど、なかなかいい感じ。

レビューもいいし。

もう一冊、前から気になってるのもあって、それがこちら。

To Comma or Not to Comma: The Best Little Punctuation Book Ever! 


悩めますね。

気になってるのになぜすぐ購入しないかと言うと、すでにPunctuationに関する本を結構持ってるからです。

アマゾンのサイトを見ながら、何冊手元におけば気が済むんだ?と自分に問いかけております。

折角なので、持ってる本をリストしてみよう。


The Blue Book of Grammar and Punctuation



The Chicago Guide to Grammar, Usage, and Punctuation



Grammatically Correct: The Essential Guide to Spelling, Style, Usage, Grammar, and Punctuation



The Best Punctuation Book, Period: A Comprehensive Guide for Every Writer, Editor, Student, and Businessperson



Punctuation Matters: Advice on Punctuation for Scientific and Technical Writing



Punctuation at Work: Simple Principles for Achieving Clarity and Good Style



レファレンス的なものから読み物として楽しく読めるものまで色々ありますが。

上の書籍の中では一番最後のが一番好きかも。

Punctuationってルールとしてきっちり決まっている部分はありますが、時には読みやすさのためにルールから外れる必要もありますよね。

そういう部分を説明してくれる書籍は何冊読んでも無駄になりません。

ただ、自分は読みやすさのために入れた方がいいと思ったコンマも、レビューする人に要らないと言われたり、コンマがあるとないとでは意味が違うでしょうと思うところで、その違いを認識してもらえなかったり。

ちゃんと勉強して考えて書いたはずの英文でも、レビューアーの対応にモヤモヤさせられることはありますよね。

なので、Punctuatioに詳しくない人が読んでも、Punctuationに頼らずに解釈できる英文を書くのが理想なんですが、現実にはそう簡単ではなく。

で、買おうかな?

どうしようかな?

とりあえず、もう少し悩みます。

h_a_z_u_k_i at 14:54│Comments(0)書籍 

コメントする

名前
 
  絵文字