aamall

2020年06月13日

最近のアメリカのニュースを見ていて思うこと

相変わらず、時間に余裕があるときにはCNNを見ています。

警察の問題、人種差別の問題、今に始まった話じゃないですが、色々と思うところはありますね。

アメリカに十数年住んでいましたが、個人的には警察官ってあまり好きじゃないです。

シアトルに住んでた頃は特に何も思わなかったんですが、サンフランシスコに住み始めた後は、、、

当時、白人男性で警察官をしている友人がいたんですが、色々あって友人やめました。

ある日、その人と人種差別について話してたんですが、彼曰く、『アメリカには人種差別はない』『なぜなら、自分は経験したことがないから』

え?頭悪いの???

白人男性で、しかも社会に出てからずっと警察官。

そりゃー、人種差別なんて経験しないだろう。

こういう発想の人が警察官やってるって、どうなの?と思いましたよ。

この人の件とは別に、警察とのいざこざで腹立たしい思いもしました。

ある日車を運転していたら、突然警察に止められ、一時停止を無視したって言われたんです。

でも、その時はちょうど道路を渡っている人がいて、その人が渡り切るのを待っていたので、停止してないわけがないんです。

なので、その通り自分の状況を説明したら、警察官が"Are you calling me a liar?"と怒り出してびっくり。

カチンときたので色々言い返したら、黙ってたら交通違反切らずに見逃してやろうと思ってたのに、みたいなことを言われて。

コイツの態度には本当に腹が立ちました。

結局、どうぞお好きなようにと開き直ったら、warningだけで終わりになりました。

ところで、この状況で警察官に言い返せたのも、自分がアジア系の女性で、言い返したところで車から引きずり降ろされたり、拳銃突きつけられたりしないって思ってたからですよね。

しかも、交通違反切るぞって脅してきたのに、結果的にはそれはせず。

warningなんて、ただの紙切れで、もらったところで痛くもかゆくもないですし。

この一件も、自分の人種や性別が違ってたら、違う結果になってたのかな?と最近改めて考えます。

h_a_z_u_k_i at 18:54│Comments(0)miscellaneous 

コメントする

名前
 
  絵文字