aamall

2020年06月30日

フリーランス特許翻訳者のメリット・デメリット

フリーランスで働くことのメリット・デメリットも、挙げるときりがないですよね。

メリットといえば、やはり通勤しなくてよい、働く日や時間をある程度自分で決められる、働き方次第ではインハウスよりずっと稼げる、わけわからん会議に出席しなくてよい、うるさい上司や同僚がいない、などなど。

私自身、あえてフリーランスで働くことを選んだわけですから、そのメリットは多いと思ってます。

ところで、特許翻訳者としてフリーランスで働くデメリットって何があるでしょう?

企業知財のインハウス翻訳者として働いた経験と比較すると、いくつか思い当たります。

まず、企業知財にいた頃は、発明者が同じフロアにいたので、疑問点をいつでも質問できました。

実際の部品を見せてもらったり、外から見えない部分にある部品はCADのデータを見せてもらったり、納得いくまで疑問を解消した上で翻訳をすることができました。

こういうのは、フリーランスでは難しいですよね。

意味不明な明細書に出くわすと、あの頃はよかったな~とちょっと懐かしくなります。

今、当時と比較して、これ以上にモヤモヤの原因になっているのは、特許事務所や出願人企業によって翻訳に対する考え方が違うことです。

表現の好み、翻訳の良し悪しの評価、米国実務で良いとされてるプラクティスなど、色々な点でみなさん様々なことを言ってきます。

外注翻訳者である以上、クライアントの言うことが最優先なので、言われた通りにやっておけばいいんでしょうけど、色々とモヤっとします。

2つの事務所の言うことが矛盾していたり、正反対だったり。

特定の判例を理由にある指示をしてきても、こちらとしては、それとは反対の解釈がされた判例も読んだことあるし、そこって断言できなくない?と思うことがあったり。

わけわからん都市伝説を押し付けられたり。

フリーランスのだと、その点を、指示書を書いた人とじっくり話し合うこともなかなかできません。

企業知財にいた頃は、その企業のスタイルにだけしたがっておけばよかったので、今よりはずっと気楽でした。

今は、クライアントAはこっちのスタイルを好むけど、クライアントBは他のを好むし、で、今回のクライアントCは特に指示がないけど、どうしたらいいんだろう?なんてことで悩んでます。

フリーランスで働く限り、この悩みからは解放されないんでしょうね。

でもまあ、色々な意見を聞けるのは、それはそれでフリーランスのメリットなのかな。

企業知財にいた頃は、あの翻訳スタイルこそが正しいスタイルみたいに思ってましたけど、その考え方って危険ですしね。

これからもモヤモヤは続きます。

h_a_z_u_k_i at 16:47│Comments(0)仕事 

コメントする

名前
 
  絵文字