aamall

2020年07月17日

梅雨ですねぇ

雨ですねぇ。

こう毎日毎日雨だと、やる気も雨天順延しております。

とはいえ、晴れたら晴れたでやる気も干乾びるのですが。

こんなんでいいんでしょうかねぇ。

そんなに切羽詰まった納期の仕事もないので、だらだらと現実逃避がてら漫画を読んだりしているのですが、漫画家さんってすごいな~といつも思います。

まず絵が上手じゃなきゃできない商売ですが、絵が描けるってだけでは良い作品はできないでしょうし、多才じゃなきゃできない商売ですよね。

個人的には、ストーリーの展開がしっかりしていて、きっちり伏線を回収して完結する作品が好きです。

そういう作品って、何度も読み返してしまいますね。

今読み返してるのもそんな作品なのですが、7年くらい連載が続いた作品で、連載開始時からこの結末を予定してここまで伏線を敷いたんだろうか?と作者の構成力に感心する作品です。

話変わって、、、

特許翻訳者としてメーカー知財部で働き始めた頃、知財部の中の人になぜ特許翻訳という仕事を選んだのか聞かれたことがあります。

まあ、他分野より単価がいいからってのが正直な答えでもありましたが、そこはやっぱりもう少しウケのよさそうな回答をしようと思いまして、『明細書読むのって、謎解きしてるみたいで面白いからです』と答えました。

嘘ではないんですよ。

本当に、明細書の翻訳って、何度も『はぁ?』と思いながら先に進み、だんだん謎が解けていく感じです。

たまに最後まで謎が残るってのもありますけどね。

特許明細書を書くという仕事も、技術知識や日本語力に加えて、文章構成力が必要ですよね。

スムーズに話が流れるものは理解しやすいですし、訳しやすいです。

しかし、今取り掛かっている明細書は、、、

起承転結せず、起承転転転、、、な明細書に一層やる気をそがれ、漫画を読むのが実に捗っております。

良いんだが悪いんだか、、、

h_a_z_u_k_i at 19:05│Comments(0)miscellaneous 

コメントする

名前
 
  絵文字