aamall

2020年07月25日

仕事で使っている有料サービス

派遣で翻訳の仕事をしていた頃、仕事中に辞書を引いていたら、翻訳者でも辞書って必要なの?と聞かれたことがあります。

『必要に決まってんじゃねーか、このボケっ』と思いましたが、そこはまあ『必要ですよ』くらいに答えておきました。

というわけで、仕事で使っている有料の辞書やツールでも紹介しますね。

前にも書いたっけ?

記憶にないから、ま、いっか。

まずは、言わずと知れたKOD

個人アドバンスト会員で契約しています。

でも、確か9月末で大辞林が使えなくなるんですよね。

そうなると、こちらのサービスの価値も半減。

10月から日本語の辞書をどうしようか思案中です。

ウェブブラウザで検索できるのが希望なんですけど、何かありません?

次に、英英辞典ならMerriam-Webster Unabridged

無料で使えるMerriam-Websterでも足りると言えなくはないですが、やっぱり英語を専門とするなら、Unabridgedも欲しいかな。

文芸翻訳でもやるんならOEDも必要になるのかもしれませんが、特許文書の日英翻訳ならそこまで要りませんし、Merriam-Webster Unabridgedがちょうどいいあたりでしょうか。

年間 $29.95と、お安いですし。

そして、辞書とは違いますが、用例などの検索に使っているのがLudwig

こちらのサービスは、年間 $71.88。

2つの単語やフレーズの頻度を比較してくれる機能は結構頻繁に使います。

文法チェックに使っているのはProWritingAid

Grammarlyの方が有名かもしれませんが、両方試してみて大差ないかな?と思ったので、お安い方にしておきました。

Lifetimeの契約で$299になってますが、ネット検索で見つけたクーポンで$200ドル以下で契約した記憶があります。

それで一生使えるわけですからお安いですよね。

文法チェック用ツールは、間違っているかもしれない部分を指摘してくれるだけで、間違いかどうかは自分で判断してなくてはいけません。

提示された修正が必ずしも正しいわけではありませんし。

そういう意味では、どのツールを使うかより誰が使うかが問題ですね。

そして最後に、ClaimMaster

こちらは、英文明細書チェック用ツールです。

実際には、ただ明細書をチェックするだけではなく、特許実務で使える機能満載なんですが、翻訳者としては必要になる場面のないツールが大半です。

翻訳の仕事で使っているのは、下のClaim ProofreadingとSpecification Proofreadingにある機能くらいです。
Untitled

今はサブスクリプションになっていますが、私が契約した時はまずソフトを購入し、以降は毎年メンテナンスフィーを払えば最新版をダウンロードできるという形式でした。

その当時に契約した私は、今でもその形式でサービスを継続できています。

そのためそんなに高くないですが、サブスクリプションで契約するには、一個人にはちょっと高額かも。

こんなところかな。


h_a_z_u_k_i at 20:56│Comments(0)仕事 

コメントする

名前
 
  絵文字