aamall

2021年02月18日

そこは副詞じゃなくて形容詞です

少し前の話ですが、チェック済み翻訳原稿を取引先事務所から受け取りました。

所内の翻訳者の方がチェックしたものだったようですが、一つ気になるところがありました。

『部材Xは、部材Yに隣接して配置される』のような文だったのですが、"The member X is disposed adjacent to the member Y"と訳していたところを、"The member X is disposed adjacently to the member Y"と修正されていました。

違いますよ~。

そこは副詞じゃなくて形容詞ですよ~。

動詞の後に置かれる修飾語は副詞と思い込んでるのでしょうか。

ここでの"adjacent"は、部材Yに対する部材Xの位置を説明しており、主語を修飾しているんです。

ここを副詞にしてしまうと、配置されるという動作自体を説明することになり、ちょっと意味が分からなくなります。

このように、本来なら形容詞を用いる箇所で副詞が使われるという間違いは、普段洋書を読んでいても見られるので、気を付けなくてはいけませんね。

ところで、文法チェックツールはこのようなミスを指摘してくれるのでしょうか。

とりあえず、私が普段使っているツール、ProWritingAidで適当な文を入力して試してみたところ、以下の通り、きちんと指摘してくれました。
prowritingaide

しかし、同じ文をGrammarlyの無料版で試してみたところ、1つ目のセットの"perpendicularly"はミスではないとの認識のようです。
grammarly
う~ん……。

どうなんでしょう。

まあ、文法チェックツールも完璧ではないので、文法の勉強は怠ってはいけませんね。

h_a_z_u_k_i at 17:27│Comments(0)英語学習 | 英語表現

コメントする

名前
 
  絵文字