aamall

2021年06月13日

翻訳で稼ぐ、その1

こんなタイトルを記事につけると怪しまれますね、このご時世。

忘れないうちに前回の記事の続きを。

自身の情報をどの程度書こうか迷えるところですが、とりあえず書いてみましょう。

まず、翻訳の仕事をしてみようかと思ったところから現時点までをさらっとお話します。

リーマンショック後、諸事情により無職になりました。

当時、もう日本の企業で働くのは嫌だと思い、持ち合わせているスキルで在宅でできそうな仕事は何か考えた末、翻訳もありかなという結論に至ったのですが、翻訳会社のフリーランス募集の広告を見ると、実務経験なしで応募できるものがないという問題に直面。

しょうがないので、とりあえず未経験可というチェッカーポジションに応募。

3社に応募し3社ともトライアルに合格、在宅チェッカーとして働き始めます。

仕事量と稼働時間だけではフルタイムといえるものでしたが、収入がね…。

どうしたものかと悩んでいたら、ある翻訳会社から翻訳専門の派遣案件があるけど興味あるかと聞かれ、企業で働くのはちょっと、、、と思ったのですが、とりあえず話だけでも聞いてみることに。

で、派遣先に翻訳サンプルを提出したところ、是非にと言われ、断るタイミングを逃しそのまま流されて派遣のインハウス翻訳者になります。

インハウスで翻訳を始めて2年ほどが過ぎた頃、フリーランス移行への準備を始めトライアルを受け始めます。

3社に応募し3社とも合格、副業翻訳を始めます。

週末を利用してだけでは対応しきれないほど依頼があり、さらに応募した4社目からも合格の通知をもらい、派遣なんか辞めちゃえ!と、副業翻訳を始めて4か月程度でフリーランスになります。

それからこれまで8年半、コンスタントに仕事をこなし、手持ちの案件がないという日をまだ一度も経験していません。

という感じで、翻訳の仕事をしようと思ったときから今に至るまで、たいした苦労もないんですよね。

仕事を引き受け過ぎて頭がおかしくなりそうと思うことは度々ありますが。

私の場合、比較的スムーズに翻訳で稼げるようになったのは、それまでに語学学習にかけた時間とお金とエネルギーのおかげだと思います。

具体的に言えば、、、と思ったけど、長くなったし、次回へ続く。

どこまで引っ張るつもりでしょうね。

h_a_z_u_k_i at 20:24│Comments(0)仕事 

コメントする

名前
 
  絵文字