aamall

2018年01月13日

ネイティブ崇拝主義

翻訳会社でも、ソースクライアントへの納品前にはネイティブチェックしてますというところ、結構ありますよね。

本当に全件チェックしてるかどうかは別として。

フリーランス翻訳者に対しても、ネイティブチェックをしてフィードバックしてくる会社もあります。

でも、う~ん (´・ω・`)と思うような修正が入っていたこともあります。

よく "Common Errors" を取り上げる書籍に載ってるような間違いに修正されてたり。

しかし、ネイティブ崇拝主義者かと思うような知り合いもいましてね。

ある英語ネイティブが翻訳した文章を、さすがネイティブの書く英語は素晴らしいと絶賛するのですが、私個人としてはそうなか~?と疑問です。

日本語の一文はどんなに長くても英語でも一文で訳す方なので…。

読みにくいったらありゃしない。

こういうネイティブ崇拝主義って、どこから生まれるんだろうか?とちょっと考えてみたんです。

日本で出版されている英語に関する本って、何かと『ネイティブ英語』を称賛してる気がするんですよね。

日本人が書いた変な英文をネイティブが添削する、みたいな書籍とか。

もちろん、英語ネイティブの書いた文章で素晴らしく読みやすいと思うものはありますよ。

それに、上のような書籍に登場するネイティブは、きちんとした英語の知識を持った人でしょうし。

そう、ネイティブなら誰でもいいわけじゃないんですよね。 

なのに、『ネイティブ』って言葉だけで、もうその人の言うことは絶対みたいな発想に遭遇すると、うんざりします。 

英文ライティングに関しては、英語圏で出版された書籍を読んで勉強しましたが、そういう書籍の中では、実際に英語を母語とする人が書いた変な英文が紹介されています。

間違いが面白すぎて、電車の中で読んでて笑ったときに鼻水出ちゃったり(^^;

そういう書籍を読んでいると、英語ネイティブってだけで信用しちゃいけないなとつくづく思います。

というわけで、私の好きな本でも紹介しておきましょうかね。

前のブログでも度々紹介しましたけど。









と、本を紹介したかっただけだったりして。

h_a_z_u_k_i at 18:11│Comments(0)書籍 | miscellaneous

コメントする

名前
 
  絵文字