aamall

英文明細書

2020年02月24日

『Xの~する側の端部』って訳しにくいですよね

そう思いません?

特許明細書では『Xの~する側の端部』のような表現が頻出しますが、どう訳したら誤解なくその表現の意図が伝わるんでしょう。

というわけで、初めから英語で書かれた明細書を少々検索してみますと、"where"を使うことで解決するかな?と思い、数件引用します。

まず1件目。

********************
The slope of a front wall within the seed tube at an upper end of the tube where the tube is joined to the seed discharge chute of the meter is also generally vertical so as to extend in the mean direction of seed release of the seed meter. (US4915258)
US4915258-drawings-page-2
********************

上の図面で、"tube"が26で、"seed discharge chute"が44です。

つまり、tube 26はその上端部において
seed discharge chute 44に接合するわけですよね。

『Xの~に接合する側の端部』のような原文が出てきたときには、このパターンが使えようですね。

では、次。

********************
The cornice 43 is cut in a curve to follow the curvature of the ceiling where the ceiling meets the side walls 42. (US6308490)
US06308490-20011030-D00020
********************

こちらは端部の話ではありませんが、『Xのうち、~する部分の○○』みたいな原文を英訳する際に役立ちそうな表現ですね。

『天井のうち、側壁に接する部分の曲率』といったところでしょうか。

最後に。

********************
It is noted that bumper reinforcement do not require as high of bending strength at the structural mounts on ends of the beam where the beam is bolted to a vehicle frame or to vehicle crush tubes. (US9381880)

バンパー強化は、ビームが車両フレームまたは車両クラッシュチューブにボルトで固定されるビームの端部の構造上の取付部での曲げ強度ほどの高さを必要としないことに留意されたい。(JP2017-519674)
********************

こちらは対応する日本出願もあったので和訳も引用しましたが、英語で読むとすぐにわかるのに、日本語にすると一読しただけではなんのこっちゃ?です。

それはさておき、上記の英文の構造は参考になりますね。

こんな感じで、『Xの~する側の端部』みたいな表現を"where"を使って訳出すれば誤読されない英文になるのでは?と思い、普段から使っています。

今のところ、クライアントからの反応は何もありませんが。

日本語では関係詞がないので、名詞と関係詞節との関係が曖昧なことが多いですが、"where"を使うとサクッと処理できるなと思う場面は結構あります。

他にも訳し方があれば、教えてもらえると嬉しいな~。

h_a_z_u_k_i at 14:41|PermalinkComments(0)

2020年02月03日

『場合』をどう訳す?

フローチャートの説明などで、『Aの場合、Bをする。Aではない場合、Cをする』のような記載出てきますよね?

この『場合』、どう英訳するのがいいのかいつも悩みます。

ことの発端はまだインハウスで翻訳をしていた頃、ある翻訳会社のオッサン品質管理責任者との会話でした。

その際に見ていた英訳では『場合』を"if"を使って訳していたのですが、それを見てそのオッサン品質管理責任者が、『ifだなんて、起こるか起こらないか分からないみたいなバカな話ないだろ』と笑ったのです。

"if"を使うことの何が問題なのか私にはわからないと思いつつ、その場は黙っていたのですが、その後もクレーム内で"if"を使ってはいけないと言う人に会ったり、クライアントから"if"を"when"に書き換えられたり、"if"の何がいけないんだ?と謎は深まるばかりでした。

というわけで、調べてみた結果を発表します。

まず、クレーム内のif節の解釈では、MPEP2111.04 (II)が適用されますので、一部引用します。

*****************************************
II.    CONTINGENT LIMITATIONS
The broadest reasonable interpretation of a method (or process) claim having contingent limitations requires only those steps that must be performed and does not include steps that are not required to be performed because the condition(s) precedent are not met.

The broadest reasonable interpretation of a system (or apparatus or product) claim having structure that performs a function, which only needs to occur if a condition precedent is met, requires structure for performing the function should the condition occur. The system claim interpretation differs from a method claim interpretation because the claimed structure must be present in the system regardless of whether the condition is met and the function is actually performed.

See Ex parte Schulhauser, Appeal 2013-007847 (PTAB April 28, 2016) (precedential) for an analysis of contingent claim limitations in the context of both method claims and system claims.
*****************************************

Ex parte Schulhauserについて説明しているブログは色々ありますが、Beware of Conditional Limitations when Drafting Patent Claimsあたりが分かりやすいかと思います。

とりあえず、ここまででは、if節を含むクレームの解釈にはあるルールが適用されるというだけで、原文にある条件節を英訳する際に"if"を使ってはいけないという根拠は見当たりません。

にもかかわらず、つい先日も"if"を"when"に書き換えられるということがありまして、"when"に変更したら何か変わるの?と聞こうかと思ったのですがやめました。

ただの都市伝説なんじゃないかという思いが強まっていましたので。

で、調査は続きます。

Ex parte Whiteでcontingent limitationに関して言及している箇所があるので引用します。

*****************************************
Although the limitations at issue in Schulhauser were rendered conditional by the recitation of "if," see Schulhauser, 2016 WL 6277792, at *3-5, on this record, we discern no meaningful distinction between the recitation of "if' and the recitation of "when" recited in claim 1.
*****************************************

このケースでは、クレームにwhen節が用いられていたのですが、"if"も"when"も特に違いはないと言ってます。

う~ん、、、やっぱり"if"を"when"に修正する理由が見つからない。

ついでに、昨年10月にUSPTOが出したOctober 2019 Patent Eligibility Guidance Update, Appendix 1: October 2019 Examples 43-46からも引用します。

例として挙げられているクレームの下記ステップ(d)についての説明です。

*****************************************
(d) automatically operating the sorting gate, by the processor sending a control signal to the sorting gate to route the animal into a holding pen when the analysis results from step (iii) for the animal indicate that the animal is exhibiting an aberrant behavioral pattern, and by the processor sending a control signal to the sorting gate to permit the animal to freely pass through the sorting gate when the analysis results for the animal indicate that the animal is not exhibiting an aberrant behavioral pattern, 

This step is a contingent limitation, which requires a first action (operating the gate to route the animal into a holding pen) if a first condition occurs (the analysis results for the animal indicate that the animal is exhibiting an aberrant behavioral pattern), and a second action (operating the gate to permit the animal to freely pass through the sorting gate) if a second condition occurs (the analysis results for the animal indicate that the animal is not exhibiting an aberrant behavioral pattern). 
*****************************************

USPTOが、"when"を使ってるクレームもcontingent limitationの解釈が適用されるって言ってるじゃないですか!

やっぱり、"if"を"when"に修正する根拠は見つかりません!!!

そこを書き換えたからって何が変わるんですかっ!!!

以上、調査結果でした。

p.s. 根拠知ってる人いたら教えてください。


h_a_z_u_k_i at 18:31|PermalinkComments(0)

2019年01月12日

"at least one"と限定の範囲

最近読んで気になった判決文がこちら→Howmedica Osteonics v. Wright Medical Technology, 540 F. 3d 1337

まず、問題となったクレームを引用します。

15. In a knee prosthesis for replacing the natural knee, the knee prosthesis having a femoral component and a tibial component, the tibial component including a bearing member and the femoral component including at least one condylar element for confronting and engaging the bearing member to accomplish articulation of the knee prosthesis throughout a range of flexion, including a primary range of flexion between a hyperextended position and a flexed position, the engagement between the condylar element of the femoral component and the bearing member of the tibial component ordinarily taking place at a contact area along articular surface areas of the condylar element and the bearing member, the improvement comprising:
    anterior-posterior surface profile contours along the condylar element and the bearing member, the anterior-posterior surface profile contour along the condylar element having an essentially constant anterior-posterior articular radius throughout the articular surface area of the condylar element which contacts the bearing member during articulation throughout the primary range of flexion, the anterior-posterior articular radius having an origin lying generally along a line extending laterally between the medial and lateral collateral ligament attachment points on the femur of the natural knee.

長いね…。

論点をざっくりまとめますと、クレーム内の"the condylar element"に関する限定が一つまたはそれ以上あるとされる"condylar element"全てに当てはまるのか、少なくとも一つに当てはまるだけでいいのかという点です。

で、裁判所の結論としては、下記引用の通りです。

[B]ased on the use of the plural "condyles" throughout the patent specification, "the importance of having the same radii on both condylar elements" to achieving the benefits of the patent, and the testimony of the inventor, the district court concluded that in a bicondylar prosthesis, where both condyles are replaced, "both condyles must meet [the geometric] requirements." J.A. at 37. Although this is a close case, we disagree.

The plain language of claim 15 requires only one condylar element. The femoral component must include "at least one condylar element," which the district court correctly understood to mean "one or more." The claim then requires that "the condylar element" meet the specified geometric limitations. If the patentee had intended both condyles in a bicondylar prosthesis to meet these limitations, he could have drafted claim 15 to require that "both condylar elements" do so. The more natural way of drafting the claim language to achieve that result would be to require "each condylar element," rather than "the condylar element," to conform to the constant-radius geometry.

なんかちょっとモヤっとします。

要するに、District Courtは、明細書内では常に複数の"condyles"が同径であるしそれが重要であるという説明がされているので、クレームの限定は全ての"condyles"にかかると判断したわけですよね。

しかし、CAFCでは、クレームでは"the condylar element"と記載しており、"both condylar elements"や"each condylar element"などのように全てに同じ限定が当てはまるという書き方がされていないので、限定は全ての"condular element"にかかるわけではないと判断したってことですよね。

やっぱりモヤっとするぞ。

実際、モヤっとしてる判事がdissent書いてますし。

実際の翻訳原稿でも『少なくとも一つの~』は度々登場します。

しかし、限定部分では『少なくとも一つの』が省かれ、単に『前記~』と記載されていることもあります。

こんな時、悩むんですよね。

単純に"the ~"と訳していいのか?

ここを単数形にした場合、一つ以上あるであろう要素のうちの一つだけに言及してると解釈されるのか?

"the at least one ~"と補った方がいいのか?

でもそれなら、原稿執筆者がそう書くんじゃないか?

そうしてはいないということは…?

という感じでぐるぐるします。

いずれにせよ、上に引用した判決文を考えると、"the + 単数形"で書いた場合、どう解釈されるかは微妙な気がします。

明細書内では常に複数形だったっていうのに、一つでもいいって判断ですし。

う~ん、、、

と、この判決文を読んでさらにぐるぐるしているのですが、こういう例もあるということを頭にとどめておくと、翻訳の際に役立つことがある、、、かもしれません。

とりあえず、原稿の内容から判断して、複数の要素全てを限定したいのか、少なくとも一つの要素を限定したいのか、考えることは必要ですね。


h_a_z_u_k_i at 16:31|PermalinkComments(0)

2019年01月10日

each of a pluralityって?

『各』や『それぞれ』って、明細書では結構適当に使われてるなと思うことが多いです。

文脈によっては、単に複数形で表したり、respective+複数形にしたり、eachを使ったり。

臨機応変に訳す必要がありますよね。

ところで、『複数の~のそれぞれ』とあるとき、機械的に"each of a plurality of ~"と訳してますか?

以前それで悩んで色々調べたのですが、やっとブログで記事にする時間ができたので、調べたお話を少々披露します。

ますは、ResQNet. com, Inc. v. Lansa, Inc., 346 F. 3d 1374から引用しながら。

一部継続出願(CIP)に関連するのですが、一つ目の出願('961 Patent)のクレームと二つ目の出願('608 Patent)のクレームは以下の通りです。

<'961 patent>

A user terminal for connecting to a remote host comprising:
    means for receiving information to be displayed as a first image on a screen;
    means for processing said information to generate a screen identification ("ID") from said first image, said ID being generated as a function of the number, location, and length of each field in said first image said ID uniquely identifying said first image;
    means for comparing said generated ID to a list of stored IDs, and for selecting display parameters associated with a stored ID which matches said generated ID; and
    means for displaying said information on a user display as a second image having display parameters associated with said stored ID, said second image being determined based upon the generated ID.

<'608 patent>

Apparatus for implementing a computer terminal to be connected to a remote computer, said apparatus comprising:
    means for identifying a particular user logged on to said remote computer through said computer terminal;
    means for identifying, based upon a position, length and type of each of a plurality of fields, a particular screen to be displayed to said user; and
    a plurality of special function keys, each key performing a specified function, the specified function performed by each key being determined by the particular user logged on and the particular screen identified to be displayed.

詳しい話はリンク先の文書を読んでいただくのがよいわけですが、ざっくり言いますと、"each field"と"each of a plurality of fields"は同義ではないと解釈されたということです。

'961 Patentに関しては、下記引用の通り、全ての"field"を指すと解釈されています。

This language shows that the claimed algorithm evaluates attributes of each (and every) field in the information to be displayed, i.e., the first image. Accordingly, the language of claim 1 of the '961 patent requires the claimed algorithm to use all fields in the information from the mainframe.

一方で、'608 Patentに関しては、下記引用の通り、全ての"field"を指すわけではないと解釈されています。

Claim 1 of the '608 patent recites "each of a plurality of fields," which does not carry the same meaning as "every field." Rather, the recitation of "plurality" suggests the use of "at least two." See York Prods., Inc. v. Cent. Tractor Farm & Family Ctr., 99 F.3d 1568, 1575 (Fed.Cir. 1996) ("The term means, simply,'the state of being plural.'"). While "at least two" may mean "every" under some circumstances, the two terms are not synonymous. In sum, "each of a plurality of fields" means "each of at least two fields."

この解釈の違いは大きいですよね。

もちろん明細書内の記載も参酌されたうえでの判断ですが、このケースは他の判例でも引用されていて、例えば、Apple Inc. v. Samsung Electronics Co., Ltd., 695 F. 3d 1370でも登場します。

上記を踏まえて、『複数の~のそれぞれ』をどう訳すのが適切か考えてみます。

まず、日本語で『複数の~のそれぞれ』と言ったとき、大抵はすべての要素の一つ一つを指すと思います。

しかし、"each of a plurality of ~"が、必ずしも全ての要素のそれぞれを指すと解釈されないのであれば、日本語で言うところの『複数の~のそれぞれ』と同義ではないのではないでしょうか。

つまり、全ての要素の一つ一つを指すためには、"each of + 複数形" または "each + 単数形"を用いて英訳するのが適当かと考えます。

さて、ここまで長々と読んでくださった皆さま方は、どう思われますか?


h_a_z_u_k_i at 21:05|PermalinkComments(0)

2018年12月12日

クレームでの単数・複数の問題

企業知財部門で特許翻訳の仕事を始めたときから、クレームでは構成要素を単数形で書けば複数の形態も含まれると教えられてきました。

そういうものだと思い込んでいたので、『複数の~』と書かれていない限り単数形で訳していたのですが、先日読んだ記事によると、単数形で訳せば全く問題なしと言い切れない場合もあるようですね。

まずは、記事の中で取り上げられている判例から一部抜粋します。


Harari v. Lee, 656 F. 3d 1331 - Court of Appeals, Federal Circuit 2011


Harari's arguments rely on our rule that the indefinite article "a" means "'one or more' in open-ended claims containing the transitional phrase 'comprising.'" 

Baldwin, however, does not set a hard and fast rule that "a" always means one or more than one. Instead, we read the limitation in light of the claim and specification to discern its meaning.

In this case, the relevant independent claim does not recite a memory device having "a" bit line. Instead, it recites a method comprising accessing a number of control gates and a bit line to activate a number of cells. The plain language of the claim clearly indicates that only a single bit line is used when accessing a number of cells.

As in Insituform, nothing in the text of Harari's claim 63 suggests accessing more than one bit line when activating the number of memory cells. For example, step a) expressly distinguishes between the singular and plural by reciting "accessing a number of control gates" while "accessing a bit line" to activate "a number of memory cells." Step b) further reinforces the difference between singular and plural by reciting "subsequent to accessing said bit line, sensing the presence of at least one activated cell." And finally, step c) again distinguishes between singular and plural by applying "a first voltage to said bit line," while applying other voltages to the source and control gate of "at least said erased cell."


つまりは、1つのクレーム内で単数で記載される要素と複数で記載される要素があり、単数で記載されている要素は意図的に単数で表されているのではないか?と推測され得るということでしょうか。

もちろんクレームの記載だけで判断されるものではなく、明細書本文の内容も参酌されるのでしょうが。

普段の仕事でも、実施形態の説明では複数存在している要素で、クレームでは『複数の~』が付されている要素とそうではない要素が混在している場合があります。

なぜ?とも思うわけですが、『複数の~』がついていなければ単数形で訳しています。

『複数の~』を付けないということは、おそらく単数の場合も含めたいのでしょうけど、反対に単数の場合に限定される可能性も全くないとは言えないのかも?

どうなんでしょう?

誰か詳しい人いたら教えて

数の問題から派生してもう一つ。

以前、『複数の~のうち』という表現を英訳する際"among"を使ったら、それだと2つしかない場合が除外される恐れがあると指摘を受けたことがあります。

確かにおっしゃる通りではあるのですが、そもそも実施形態の説明ではその部材が4つある場合の説明しかなく、さらにその部材は3つでも5つ以上でもよいという記載もありました。

つまり、そもそも2つの場合は想定されていないのです。

にもかかわらず、"among"の使用を避けるだけで部材の数が2つの場合も含まれるようになるのでしょうか?

謎です。

また、実施形態の説明では部材の数が2つの形態しか開示されていない場合、『複数の~から選ぶ』と言われても、そこは"between"じゃないのか?と思いつつ"among"で訳すこともあります。

部材が2つの形態に限定されないほうがよいのかな?という思いで。

ソースクライアントに問い合わせればいいじゃないかって話でもあるのですが、前置詞一つの選択でお問い合わせするのも気が引けるのですよね。

クレームの解釈なんてケースバイケースで、絶対正しい答えがあるわけじゃないんでしょうが、明確なガイドラインがあればいいのにって思いますね。


h_a_z_u_k_i at 17:05|PermalinkComments(0)