aamall

書籍

2021年05月19日

洋書を読もう

子どもの頃から読書の習慣をつけるのが大切という話はよく聞きます。

私自身はといえば、まったく本など読まない子どもでした。

小中学生の頃はマンガを少し読んでたくらいで、小説なんて全然興味なし。

高校生になってマンガ原作の小説を多少読むようになり、そこから平安時代の文学に興味を抱き、王朝文学の現代語訳を読むようになったくらいです。

とにかく、活字より数字が好きでしたね。

しかしアメリカに留学後、英語の学習のためにと思って洋書を読むようになったら、どういうわけか本が好きになりました。

多分、漢字が嫌いだったんだな。

今も嫌いだし。

まあとにかく、読書の習慣がなかった子どもが本好きな大人になることはあります。

前置きが長くなりましたが、洋書を読むのは今も続けております。

日本に住んでいると英語に触れる機会が少ないですから、積極的にインプットしていかないと英語力も低下する一方です。

基本的には2冊同時進行で読みつつ、1冊はAudibleで聞いています。

現在進行中の本はこちら↓。

No Time To Hide


Legal Thrillerってことになってますが、legalの要素よりthrillerの要素の方が強い作品ですね。この作家さんの作品は結構好きで、他に出版されてるものも全部読みました。


The Myth of Artificial Intelligence: Why Computers Can't Think the Way We Do 


読み始めたばかりでまだChapter 1しか読んでいないので中身については何とも言えませんが、AIに何ができて何ができないのかという話は大変興味があります。でもChapter 1を読んだだけでもなかなか難しい話をしているので、読み進めるのは遅くなりそう。


Wordcraft: The Complete Guide to Clear, Powerful Writing


英語で文章を書く人向けの指南書です。翻訳というよりはライティング向けの内容なので、実際の仕事にすぐ役立つ内容とは言えませんが、英文を書く上で何を考慮すべきか、考えるヒントがもらえます。ナレーターが上手なのもあって、Audibleで聞いていると聞き入ってしまいます。


一応、趣味の本、技術系の本、英文ライティングの本の3冊を同時に読み進めるようにしています。

毎日3~4時間は洋書(Audible含む)にかけるようにしていますが、その大半は趣味の本に時間を割いているので、他の本の進捗はいまいち(^^;

英語のアウトプットの質を上げるためにはインプットは欠かせません。

特に表現力の不足を日々感じているので、そこを補うためには毎日洋書を読もうと決めています。

h_a_z_u_k_i at 19:24|PermalinkComments(0)

2020年08月25日

お買い物が止まらない。。。

アマゾンって危険ですよね。

気になる書籍がありすぎて。

しかもKindleだと、場所取らないし、まあいっかって感じでついつい買ってしまいます。

本日の収穫はこちらの2冊。

Hoax: Donald Trump, Fox News, and the Dangerous Distortion of Truth


Bad News: Why We Fall for Fake News 



大統領選挙も近づき、トランプ関連の暴露本の出版が相次いでますが、さすがにそんなにたくさん読んでいられません。

でも、トランプ氏だけの話ではなく、FOXニュースの内部の話となる興味がわきます。

私はCNN派ですが、FOXニュースの方が視聴率がいいから信頼できると言われたことがあります。

そりゃあ、アメリカだとCNNの他にもう1つ、左派メディアMSNBCがありますから。

FOXニュースの視聴率と、CNNとMSNBCとを合わせた視聴率とは同じくらいだと以前読みました。

アメリカって、本当に左派と右派が半々くらいなんですかねぇ。

西海岸にしか住んだことがない私には、全体像なんてわかりませんね。

それにしても、人それぞれ特定の信条を持つようになる過程って、謎が多いですよね。

そういう心理学とか認知科学分野の話も興味はありますが、いつまでも仕事サボって本を読んでるわけにもいきませんし。

ああ、働かなくていいご身分になりたい…。

h_a_z_u_k_i at 18:00|PermalinkComments(0)

2020年08月24日

【書籍】教養としての歴史問題

少し前にも、本読むぞーっと思って色々購入したのに、アマゾンを彷徨ってたらまた面白そうな本を見つけてつい…。

教養としての歴史問題


仕事そっちのけで一気に読んでしまいました。

問題提起はしてるけど、で、どうしたら解決するの?は、なんだかやっぱりはっきりしないなというか、モヤモヤが残る結果となりました。

歴史について書かれた書籍って、大体何を読んでもモヤモヤするだけなんですよね。

おそらくそのモヤモヤを晴らしてくれるのが、歴史修正主義者の書く書籍なんでしょう。

これこそが教科書が教えない真実だ!って白黒はっきりさせてくれますから。

真偽は別として。

上の本の冒頭にも書かれているのですが、確かに歴史の話というのも、友人・知人とはしにくい気がします。

特に近現代史。

とりわけ、日中戦争、太平洋戦争の話は、相手のスタンスを知らずに話し始めると、面倒なことになりますよね。


h_a_z_u_k_i at 20:43|PermalinkComments(0)

2020年08月11日

現実逃避がてら、最近読んだ本とこれから読む本

最近、色々あって幕末がマイブームです。

たまにやってくるんですよね。

アマゾンの購入履歴を見ると、前回は2017年でした。

その翌年は明治150年とかいうことで、幕末から明治期に関する書籍がたくさん出版されましたよね。

そんなわけで、前回のマイブーム以降に出版された書籍を中心に面白そうなのを読んでいます。

あとこれから読む予定のも色々と購入。

150年ほど現実逃避です…。

新選組―2245日の軌跡―


土方歳三と榎本武揚: 幕臣たちの戊辰・箱館戦争


百姓たちの幕末維新


維新正観―秘められた日本史・明治篇


日本人の明治観をただす


「明治礼賛」の正体


基本的に、明治政府に批判的な、一部では『反薩長本』などと言われる書籍しか読みませんが、まあ、私はそういう思想の持ち主です。

ところで、新選組について検索していたら、大河ドラマの続編というか、単発で土方歳三を主人公に製作されたドラマがアップロードされてるサイトを見つけまして…。

ちょろっと見てみたのですが、土方歳三を演じてるのはもちろん山本耕史。榎本武揚を演じてるのが片岡愛之助だったんですね。

あれ?この組み合わせ、数年前の大河でも見たぞ。

う~ん、ここでも負けチームだったのかぁ。

ついでに、新選組の本編では、堺雅人が山南敬助を演じてましたよね。

やっぱり、負けチームですねぇ…。

な~んて思いながら鑑賞しました。

ストリーミングで見る限り、違法じゃないですよね?

h_a_z_u_k_i at 16:55|PermalinkComments(0)

2020年07月03日

Mechanisms and Mechanical Devices Sourcebook

機械系の案件の翻訳で役立つのがこちら。

Mechanisms and Mechanical Devices Sourcebook


結構なお値段なんですけどね。

最初は通常の紙の書籍で購入したのですが、おばちゃんには読むのが大変で、、、

すごく文字が小さいんです。

で、結局文字サイズの変更も可能なKindle版を買いなおしました。

どちらも半額くらいまで値下げされてるときに購入したので、トータルでほぼ定価を払ったわけですが、両方あるっていうのも結構便利ですね。

仕事中にサクッと調べたいときはKindleで、暇なときに何となくページめくりながら眺めるなら紙版で。

技術的なことを調べたいときにも使えるし、色々な機構の構造や動作を説明する表現の勉強にもなるし、それなりの金額払った分、使い倒さなくては。

あと最近購入したのがこちら。

実用メカニズム辞典


どんな構造でどう動くかという話だけじゃなく、どういう目的でどんな機構を採用するかという話も書かれていて、ためになります。

やっぱり技術系出身じゃないので、明細書を読んでいても、なぜこうするの?というところがよく理解できないことがあります。

とりあえず明細書を書いた人が、こういう構造にするとこういう効果が得られるって言ってるんだから、まあそういうことなんだろう、と受け入れるわけですが、できればもう少し納得したいです。

こんなときに、気軽になぜ?と質問できる同僚が存在したらいいんですけどね。

いないので、技術書頼りです。

h_a_z_u_k_i at 17:21|PermalinkComments(0)