aamall

勉強

2020年05月09日

特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル

特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル』という書籍が発売されるらしい。

まだ1か月先の話ですが、この著者の方、米国特許翻訳社という翻訳会社の社長さんですよね。

社名変更する前に、英文明細書マニュアルというのも販売していましたが、今回はクレームに焦点をあてるんでしょうかね。

さて、その英文明細書マニュアルも持ってはいますが、特許翻訳に関する書籍で紹介される『良い翻訳』というのも、参考にはなりますがどんなクライアントの案件でも通用するわけじゃありません。

依頼を受けて翻訳している以上、クライアントの意向が優先しますからね。

え?そうなの?と思うような指示があっても、一介の翻訳者としては従うしかないんですよ。

でも、色々な訳例に目を通して使える表現のストックを増やすことは大切ですね。

絶対にこれなら大丈夫という正解のない仕事ですが、翻訳に役立つ情報を収集するためにアンテナを張っておくことは重要です。

私が張ってるアンテナの一つ、愛読しているサイトがこちら

特許に特化したアメリカの事務所が記事を掲載しているサイトです。

CAFCのケースだけではなく、District Courtsのケースも取り上げてくれるので勉強になります。

ここで取り上げられるケースを見ていると、改めて、英文明細書、クレームはこう書けば大丈夫!という答えはないんだろうなぁと思います。

この事務所、YouTubeチャンネルも開設してて、webinar動画をアップしてくれるのでよくお世話になってます。

無料でこんなに情報を提供してくれるって、太っ腹ですよね。

感謝、感謝。

h_a_z_u_k_i at 18:30|PermalinkComments(0)

2019年06月06日

深夜のウェビナーに参加

昨夜というか、今朝早朝2時スタートのウェビナーに参加しました。

アメリカ東海岸時間でお昼頃だと日本は真夜中なので、ウェビナーに参加するときはいつもこんな時間です。

せめて東海岸時間で早朝にやってくれれば…。

今回は2時から4時までだったのですが、後半30分くらいは眠くてもう理解不能だったし、記憶がありません(^^;

で、何のウェビナーだったかといいますと、Learn online how examiners approach claim interpretationという、USPTOが無料で提供してたウェビナーです。

申し込みの時点では参加できるかどうかは審査があるようだったので、翻訳者なんて参加させてくれないだろうな~と思っていたらあっさりOKが。

内容はタイトル通り、審査官がどうクレームを解釈するかについてだったのですが、今回のウェビナーで話を聞いて、巷でよく聞く特許翻訳の約束事がただの都市伝説でしかないんだなと改めて認識した点がいくつか。

ウェビナーで使用した資料へのリンクももらったので、これからまたじっくり読み直します。

記憶喪失の部分もありますし。

きちんと整理した後で、まとめをブログに書くかも、書かないかも、、、

それにしても、いろんな人から伝え聞くのではなく、USPTOから直接見解を聞けるというのは、ありがたいことですよね。


h_a_z_u_k_i at 13:37|PermalinkComments(0)

2018年10月02日

edXのコースが始まりました

今回取ってるコースはこちら

Blockchain: Understanding Its Uses and Implications

まだ動画を少し見ただけなんですけどね。

以前、ブロックチェーンが少し絡んだ案件を翻訳したことがあり、その時は必死に調べて大変な思いをしたのですが、少しわかってくるとなかなか面白いかも、と思いました。

で、もう少しきちんと勉強したいなと思ったわけです。

本も買ったんですが、本を読むより動画の方が楽なんですよね(^^;

動画の隣にスクリプトも表示されるので、ん?と思った単語はスクリプトで見られますし。

世の中便利になりましたね~と、昭和生まれのおばちゃんは思うわけです。

それにしても、無料で色々なことが学べるって、すばらしいですね。

h_a_z_u_k_i at 17:29|PermalinkComments(0)