aamall

お金の話

2021年06月11日

単価の話をしよう、、、かな?

初めに申しておきますが、この記事内で自身の単価がいくらなのかは書きません。

そこはご想像にお任せします。

でも単価に関してほんの少しだけ具体的な話をしますね。

まず前提として、私の仕事は100%特許英訳です。

そして単価は仕上り換算で英単語1語につきいくらという計算です。

では、始めましょう。

インハウスで翻訳していた頃に副業でも翻訳の仕事を始め、それから今で約9年です。

その間に実際に受注した単価の上限と下限との差はといいますと、14円です。

大きいですよね。

ただ、単価が一番高かったのは小さな特許事務所からの仕事で、一番低かったのは大手翻訳会社からの仕事でしたので、正しい比較とは言えないのかもしれません。

時折、特許事務所との取引きは単価はいいけど翻訳業務以外のことも依頼されて面倒だという話も聞きますが、私個人の経験から言えば、大差ないです。

むしろ翻訳会社からの仕事の方が何かと面倒だったかも。

特許事務所との取引きといっても、昨今では翻訳会社並みまたはそれ未満の単価を提示する事務所もあるようです。

そういう単価を提示する事務所の経営者は禿げたらいいのにと思いますけど。

禿げろネタはさておき、どうやって真っ当な単価で仕事を発注してくれる事務所を探せばいいの?という話ですが、それはもう、地道に探すしかないです。

コネがある人は別ですが。

ひとえに特許英訳を専門にフリーランスで仕事をするといっても、どこから受注するかで収入は大きく違ってきます。

当たり前の話といえば当たり前ですけど。

翻訳は稼げないという話は度々見かけますが、条件さえ揃えば翻訳は結構儲かる仕事です。

じゃあその条件って何があるの?という話ですが、それは次回。

読み手がイラっとする終わり方ですね……。

h_a_z_u_k_i at 21:48|PermalinkComments(0)

2020年08月23日

インボイス制度の話、再び

フリーランスというと、時間や場所にとらわれない自由な働き方のように聞こえます。

そういう面もありますが、やはり個人事業主であることを忘れてはいけません。

そのため、税制などについてもしっかりお勉強しておかなくてはいけないと思うわけです。

というわけで、何度目かのインボイス制度の話ですが、今年の6月に国税庁が出したパンフレットを読んでみました。

リンクはこちら

昨年調べた際には、インボイス制度導入後の消費税の簡易課税制度については未定になっていましたが、簡易課税制度は継続が決まったようですね。

翻訳者の場合、仕入れといえる仕入れも特にないので、もし課税事業者になるのであれば、簡易課税を選択したほうが得ですね。

さて、インボイス制度が始まったら免税事業者は消費税を請求できなくなるの?という疑問はネットでも度々見かけます。

しかし、リンク先のパンフレットからもわかるように、法的にはそんなことはありません。

Untitled

上に抜粋したように、『免税事業者等からの課税仕入れに係る経過措置』が存在するということは、免税事業者等からも課税仕入れは発生するというのが前提です。

つまり、免税事業者であっても、現在発行しているような請求書で消費税を請求できるということです。

適格請求書は発行できませんけどね。

インボイス制度開始以降、免税事業者には消費税は払いませんと公言していた翻訳会社の方もいましたけど、それってどうなの?

現時点では、消費税転嫁拒否に対しては消費税転嫁対策特別措置法がありますが、この特措法、来年の3月末に失効します。

え?インボイス制度開始後に必要な特措法なのに?と思いません?

まあ、政府としてはインボイス制度によって免税事業者を課税事業者にし、消費税からの税収を上げようってことですから、あえて免税事業者を救済する方法なんて考えないですよね~。

この財務金融委員会の答弁を読むと、色々考えさせられますね。

"インボイス制度"でページ検索すると、インボイス制度に関する質疑の最初の部分が見つかります。

インボイス制度開始までまだ3年ありますが、開始時に焦らなくていいよう、制度については引き続き調べていきます。

h_a_z_u_k_i at 14:28|PermalinkComments(0)

2020年08月22日

翻訳以外の収入

副業とは言いませんが、株の売買をちょこちょこ。

ギャンブル好きのせいか、ついつい熱くなりすぎることもありますが(^^;

フリーランスなんて不安定ですし、翻訳以外に収入を得る方法を色々考えてる方も多いかと思いますが、私の場合はなぜ株かといいますと、税制の有利さが大きな理由です。

まあ、ただ面白いってのもありますけどね~。

今年はあんまり面白いことにはなってませんが。

3月の株価大暴落の影響がまだ、、、(´;ω;`)ウゥゥ

株式などの譲渡益の場合、源泉徴収ありの特定口座を利用すれば、確定申告の必要がありません。

そして、確定申告をしなければ、国民健康保険料の算定の基礎となる所得には含まれません。

つまり、株で得た利益は、所得税、住民税こそかかりますが、保険料計算時には除外されるのです。

なんてお得な制度でしょう。

またさらにお得なのが、配当所得はあるが株式で損失が出た場合、確定申告をした上で住民は別途申告不要の課税方式を選択するという方法もあります。

上手く説明できないので、気になる人はググってね。

わたくし、どちらかというと社会主義者なので、富の分配ってのは信じますが、私自身分配するほど富はありません。

というわけで、合法的にいかに払う税金を減らすか考えるわけです。

h_a_z_u_k_i at 17:58|PermalinkComments(0)

2020年06月09日

持続化給付金が入金された

申請したのが6月1日。

その後6月4日に、1か所数字間違ってますとの連絡があり修正。

で、今日6月9日に入金。

思ってたより速かったね。

この制度どうなの?とか、委託先の件とか、色々と思うところはありますが、とりあえずもらえるものはもらっておきます。

まあ、100万くらいもらっても、住民税と国保の保険料とを払うには足りないわけですが。

特許翻訳の場合、景気が即座に仕事量に反映されるというわけではなく、影響があるとすればもっと後になってからかと思います。

まずは国内出願の件数がどうなるのか、そこら辺が見えないと先のことはわからないですね。

そんなに不安には思ってないですが、どうなるのかな?

h_a_z_u_k_i at 16:43|PermalinkComments(0)

2020年05月01日

持続化給付金の申請あれこれ

申請が始まりましたね。

数値的な条件を見る限り、私も給付対象になるのですが、どうしましょうか。

もともと月により売上げの変動はあるので、特定の月の売上げが昨年比で減少している理由を特定するのは難しいです。

しかし、コロナウイルス感染拡大が原因ではないと断定できるものでもなく、あいまいですね。

で、一応申請に関する情報には目を通しましたが、確定申告書の控えに収受印ないんですよね。

経産省のサイトを見ると、納税証明書を添付すればいいらしいですが、まずはそちらの申請書から始めなくちゃいけないってことですね。

納税証明書のオンライン申請ができる条件を満たしていないので、郵送で申し込んで郵送で受け取ることになるわけですが、郵便局の仕事が増えますね。

さらに、マイナンバーカードがないと、特別定額給付金も郵送で申し込むことになるので、郵便局の人たち大忙しですね。

アベノマスクの配達もあるし。

納税証明書の申請には収入印紙が必要で、それも買いに行かなきゃいけないんですよね。

というわけで、外出の機会がまた増えるわけですが、この一連の事務手続きの面倒くささにモヤモヤが止まりません。

で、持続化給付金の話で大事なところですが、課税対象ですよね?

経産省のサイトでは『税務上、益金(個人事業者の場合は、総収入金額)に算入されるものですが、損金(個人事業者の場合は必要経費)の方が多ければ、課税所得は生じず、結果的に課税対象となりません』とあるのですが、翻訳業で経費が上回る人ってそうはいないでしょう。

ということは、来年の住民税や国保保険料の計算にも算入されるということかな?

減少した売上げの補填が目的なら課税されるのはしょうがないのですが。

それにしても、100万円受け取ったとして手元に残るのはいかほど?

h_a_z_u_k_i at 20:08|PermalinkComments(0)