aamall

仕事に対する考え方

2020年06月30日

フリーランス特許翻訳者のメリット・デメリット

フリーランスで働くことのメリット・デメリットも、挙げるときりがないですよね。

メリットといえば、やはり通勤しなくてよい、働く日や時間をある程度自分で決められる、働き方次第ではインハウスよりずっと稼げる、わけわからん会議に出席しなくてよい、うるさい上司や同僚がいない、などなど。

私自身、あえてフリーランスで働くことを選んだわけですから、そのメリットは多いと思ってます。

ところで、特許翻訳者としてフリーランスで働くデメリットって何があるでしょう?

企業知財のインハウス翻訳者として働いた経験と比較すると、いくつか思い当たります。

まず、企業知財にいた頃は、発明者が同じフロアにいたので、疑問点をいつでも質問できました。

実際の部品を見せてもらったり、外から見えない部分にある部品はCADのデータを見せてもらったり、納得いくまで疑問を解消した上で翻訳をすることができました。

こういうのは、フリーランスでは難しいですよね。

意味不明な明細書に出くわすと、あの頃はよかったな~とちょっと懐かしくなります。

今、当時と比較して、これ以上にモヤモヤの原因になっているのは、特許事務所や出願人企業によって翻訳に対する考え方が違うことです。

表現の好み、翻訳の良し悪しの評価、米国実務で良いとされてるプラクティスなど、色々な点でみなさん様々なことを言ってきます。

外注翻訳者である以上、クライアントの言うことが最優先なので、言われた通りにやっておけばいいんでしょうけど、色々とモヤっとします。

2つの事務所の言うことが矛盾していたり、正反対だったり。

特定の判例を理由にある指示をしてきても、こちらとしては、それとは反対の解釈がされた判例も読んだことあるし、そこって断言できなくない?と思うことがあったり。

わけわからん都市伝説を押し付けられたり。

フリーランスのだと、その点を、指示書を書いた人とじっくり話し合うこともなかなかできません。

企業知財にいた頃は、その企業のスタイルにだけしたがっておけばよかったので、今よりはずっと気楽でした。

今は、クライアントAはこっちのスタイルを好むけど、クライアントBは他のを好むし、で、今回のクライアントCは特に指示がないけど、どうしたらいいんだろう?なんてことで悩んでます。

フリーランスで働く限り、この悩みからは解放されないんでしょうね。

でもまあ、色々な意見を聞けるのは、それはそれでフリーランスのメリットなのかな。

企業知財にいた頃は、あの翻訳スタイルこそが正しいスタイルみたいに思ってましたけど、その考え方って危険ですしね。

これからもモヤモヤは続きます。

h_a_z_u_k_i at 16:47|PermalinkComments(0)

2018年12月27日

来年は直取引100%へ、、、の予定

予定ですけどね。

来年が終わってみないことには、結果がどうなるかは分かりませんし。

まず今年の状況はと言いますと、翻訳会社経由の仕事の売上げは全体の23%ほどでした。

1/4弱はまだ翻訳会社経由の売上げだったんですよね。

そこをいきなり0にして大丈夫なのか?

不安はありますけどね。

でも、今年の受注状況を見てみますと、翻訳会社経由の仕事が既に入ってしまっていたために直取引の打診を断らなければならなかったということが数回発生しました。

この状況、ホント悔やまれます。

それも、単価の差が大きければ大きいほど、ため息も大きくなります。

来年はこれをなくしたいんですよね。

翻訳会社の方には、取引停止の旨、それとなくお伝えしましたけど、さて、どうなりますことやら。

少しずつですが、自分が理想としている形態に近づいている気はします。

言われたとおりになんでもやるのではなく、自分が良いと思う翻訳を提供したい。

どんな翻訳を良しとするか、方向性が一致するクライアントと仕事がしたい。

そこが理想ですね。

そして、翻訳会社を介さない方が、その理想に近い形態で仕事ができるように思います。

今は、6年かかってやっとここまで来たなという感じですヾ(=^▽^=)ノ

理想の追求はまだ終わってませんけどね。

h_a_z_u_k_i at 15:02|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

どこまで無理をするか

今年は4月に少しまとまった休みを取って以来、ほぼ無休で働いてます。

特許翻訳の良い点でもあり悪い点でもあるのは、1件1件が結構な分量だということですね。

私が受けている案件では、1件で、少ないものだと8,000ワードくらい、多いものだと20,000ワードくらいです。

平均すると10,000ワードを少し超えるくらいかな?

なので、月に4,5件もこなせばスケジュールが埋まります。

しかし、1件の分量が多いということは、仕事を断るとそれだけスケジュールも空いてしまい、収入も減るってことなんですよね。

それもあって、ついつい無理して仕事を入れがちです。

いい意味で断りにくい優先順位の高い取引先からの打診は特に。

無理をすると言っても、絶対徹夜はしない主義です。

なんなら、睡眠時間も減らさない主義です。

寝るの大好きですから。

寝るのが好きなだけではなく、しっかり寝るのも仕事のうちです。

睡眠不足ではいい仕事はできませんからね。

毎日8時間睡眠は当たり前って、甘っちょろいこと言ってます。

というわけで、私が『無理をしてでも』というのは、『休日返上+食事を簡略化』程度です。

ブラックではないけど、濃いめのグレーな企業に勤めていた頃は、深夜残業当たり前で、常に睡眠不足だったのですが、せっかくフリーランスになったんですから、もうそんな生活はまっぴら御免。

昨日も断りにくい取引先から好きな分野の案件の打診があり、休日なくなるな~と思いながらも受注することを決めました。

でも、睡眠不足になるようなスケジュールではありません。

やっぱりね、無理はいけませんよ。


h_a_z_u_k_i at 18:13|PermalinkComments(0)

2018年09月07日

仕事は楽しいですか?

最近、仕事が楽しいと思うことより苦痛に感じることの方が多いです。

いや、苦痛っていうのともちょっと違うような。

決して楽しくないわけではないんですよ。

翻訳しながら、この種の製品にはこんな技術が用いられてるのかー(`・ω・´)なるほどー、となることもあり、そんな時は仕事楽しいな~となります。

ただ、、、色々プレッシャーに感じてつらいというか。

インハウスで翻訳してた頃はもっと気楽だったんですけどね。

インハウスの仕事はみんな楽っていうんじゃないですよ。

私が勤めていた職場が気楽だったんです。

人なんてみんなミスするものと割り切った人々が大多数を占める職場と言いますか。

何かミスしても、他の人が自分はもっと大きいミスしたって過去のミス自慢が始まったり。

このゆる~い感じの職場にイライラすることも多々ありましたが、救われることも。

最終的には堪えられなくなりましたけど、それはさておき。

フリーランスになった頃は、取引先はみんな翻訳会社で、今よりワード単価も全体的に低かったです。

だからって気楽に感じていいのか?というのもありますが、実際『責任は翻訳会社と折半』という気持ちもあって、今より気楽に仕事をしていました。

まあ、翻訳者に丸投げ♪♪を得意とするあてにならない会社もありましたが。

しかし、多少気楽に仕事をしていた分、楽しいと思うことも多かったのかもしれません。

でもここ数年、単価を上げるために直取引に移行し、その分感じる責任も大きくなって。

ウン十万払ってこの出来かよっ!と思われたらどうしよう

そんなことを考える日々で、つらいと感じることが多くなってます。

もともとネガティブ&悲観的な性格なのもありますけど、その辺はテスト99点なんて取るとバカだと笑われる家で育ったせいにしておこう。

ところで、他の翻訳者の方々はこういうプレッシャーとどう向き合ってるんでしょう。

h_a_z_u_k_i at 18:37|PermalinkComments(0)

2017年10月21日

選べる翻訳者でありたい

『選べる翻訳者』でありたいというのは前々から言っていることです。

フリーランスという働き方を選ぶ理由は人それぞれですが、私の場合、納得いかない仕事をしたくないという思いがつのった結果です。

翻訳の仕事を始める前に勤めていた会社でのお話を少々書きましょう。

個人のお客さんを相手にあるサービスを売る会社だったのですが、ある時、販売したサービスで問題が発生しました。

販売時の約款では想定されていなかった問題で、その対応費用を会社が負担するのか客側が負担するのかの明記がありませんでした。

私としては、約款に明記していない以上会社側が負担すべきだと主張し、直属の上司もそれに納得しました。

しかし、翌日会社に行くと、客側に負担させるようにうまくお客さんを説得しろと上司から言われました。

どうやら、上司がそのまた上司に伝えたところ、客側に負担させろと言われたようでした。

こんなことは、会社勤めしていればよくあることなのかな~?

ですが、どうしても納得いかない私は上司と議論することとなり、その中で言われたことは、

『会社から給料もらってるんだから、会社の利益を優先しろ』

『上の人間の決めたことに従えないなら、会社を辞めさせることもできる』

『ここは日本だ!』

最後の『ここは日本だ』って、、、言われなくてもわかってるわっ!

何かと厄介なアメリカ帰りと思われてたので、こういう言われ方をしたんですけどね。

で、結局、お客さんに費用負担を伝える業務を拒否し、その数か月後、私は無職になったのです。

やっぱり、納得いかないことを、ただ仕方がないと言ってやりたくはないのです。

現在従事している翻訳業でもそう。

単価や納期だけの問題ではなく、訳文の方向性が合わないクライアントの仕事はしたくないです。

もちろんビジネスとしてやっているわけですから、お客さんの要望に応えるのは当然だと思いますが、なんでもお客様の言う通りに仕事をしようとは思いません。

合意した方向性の範囲内で多少の妥協はしますけどね。

また、自分が正しいと思うものを常に押し付けようとも思いません。

自分が良いと思うものとクライアントが良いと思うものとが一致する、そういう状況で仕事をしていきたいと思っています。

納得いかない仕事を拒否できるというのもフリーランスのメリットですし、私にとって特に重要なポイントです。

自分のやりたい仕事を選別できるよう、方向性をもっと明確にしていかなきゃなと最近ちょっと思ってます。


h_a_z_u_k_i at 19:33|PermalinkComments(0)