aamall

単価

2021年06月11日

単価の話をしよう、、、かな?

初めに申しておきますが、この記事内で自身の単価がいくらなのかは書きません。

そこはご想像にお任せします。

でも単価に関してほんの少しだけ具体的な話をしますね。

まず前提として、私の仕事は100%特許英訳です。

そして単価は仕上り換算で英単語1語につきいくらという計算です。

では、始めましょう。

インハウスで翻訳していた頃に副業でも翻訳の仕事を始め、それから今で約9年です。

その間に実際に受注した単価の上限と下限との差はといいますと、14円です。

大きいですよね。

ただ、単価が一番高かったのは小さな特許事務所からの仕事で、一番低かったのは大手翻訳会社からの仕事でしたので、正しい比較とは言えないのかもしれません。

時折、特許事務所との取引きは単価はいいけど翻訳業務以外のことも依頼されて面倒だという話も聞きますが、私個人の経験から言えば、大差ないです。

むしろ翻訳会社からの仕事の方が何かと面倒だったかも。

特許事務所との取引きといっても、昨今では翻訳会社並みまたはそれ未満の単価を提示する事務所もあるようです。

そういう単価を提示する事務所の経営者は禿げたらいいのにと思いますけど。

禿げろネタはさておき、どうやって真っ当な単価で仕事を発注してくれる事務所を探せばいいの?という話ですが、それはもう、地道に探すしかないです。

コネがある人は別ですが。

ひとえに特許英訳を専門にフリーランスで仕事をするといっても、どこから受注するかで収入は大きく違ってきます。

当たり前の話といえば当たり前ですけど。

翻訳は稼げないという話は度々見かけますが、条件さえ揃えば翻訳は結構儲かる仕事です。

じゃあその条件って何があるの?という話ですが、それは次回。

読み手がイラっとする終わり方ですね……。

h_a_z_u_k_i at 21:48|PermalinkComments(0)

2020年08月10日

多少の低単価といっても限度がある

前回の記事で、多少単価が低くても訳しやすい分野なら云々と書きましたが、やはり単価には限度というものがあります。

数年前ですが、ある特許事務所にコンタクトを取ったら、英日単価ワード6円という返答におったまげたことがあります。

え?十の位書き忘れました???

一体、ソースクライアントからいくら受け取る中の6円ですか???

どんだけ中抜きするつもりだよっ。

他にも、英日でワード単価8円、日英でワード単価11円という数字を提示してきた事務所もありました。

どれもトライアル前に提示された単価なので、私の翻訳の出来が悪いからだというわけでもありません。

さらに、こういう単価を提示してくる事務所は、『他の翻訳者さんはその単価で引き受けてくれてます』と言ってきます。

他の翻訳者さんがいくらで引き受けているかなんて、私には関係のないことです。

自分が定めた下限を下回る単価では働きません。

他の翻訳者さんは~などと言ってくる事務所は、他の事務所は~などと言われて出願人企業から値切られているんですかね?

まだフリーランス8年目で、そんなに業界事情に詳しいわけではないですが、往々にして、低単価を提示するクライアントほど面倒な要求が多いです。

原稿よりも指示書の方がページ数が多かったり。

意味不明な修正をしてくるチェッカーがいたり。

事務所内で連絡が行き届かないことが分かるアクシデントが発生したり。

その他諸々。

そこそこの単価を提示してくれるクライアントの方が対応がいいですね。

というわけで、私がより高単価で取り引きしてくれるクライアントを求める理由はそこにもあります。

とはいえ、時給換算すると~、、、で、今も少々へこんでますが…。

h_a_z_u_k_i at 14:51|PermalinkComments(0)

2019年12月08日

翻訳者の年収の話

翻訳者の年収は、結構語りつくされてる感のある話題ですね。

だったらなぜ今さら書いてるの?

それは、お金の話はブログのアクセス数が伸びるからです(^^)

まずフリーランス翻訳者の『年収』って売上げと所得のどちらを指すんでしょう?

便宜上、今回は売上げの部分で話を進めます。

当たり前ですが、『単価 × ひと月の翻訳ワード数 × 12』で年間売上げが決まりますよね。

よく見かけるのは、単価をある数字に仮定し、それを元に計算すると売上げがいくらになりますという記事です。

でも、こういう記事を読むたび違和感を覚えるんですよね。

なぜ、目標の売上額から計算を始めないの?

私の考え方では、『目標年間売上額 ÷ 12 ÷ ひと月の翻訳ワード数』 で自分の目指すべきワード単価が決まります。

例えば、売上目標を1,000万円に設定し、ひと月の翻訳ワード数を40,000ワードとすると、

10,000,000 ÷ 12 ÷ 40,000 = 20.8333...

45,000ワードだと、

10,000,000 ÷ 12 ÷ 45,000 = 18.5185181...

50,000ワードなら、

10,000,000 ÷ 12 ÷ 50,000 = 16.666...

と続きます。

実際の数値は伏せますが、こういう計算をもとに、自分自身の最低単価を設定し、それを下回る仕事は請けないことにしているのですが、毎月必ず予定ワード数をこなせるかどうかは別の話ですね。

どうしても仕事したくない日もありますしね。

でも、売上目標をもとに決めた最低ラインの単価があり、そこは譲らないことで、搾取されてると感じずに済みます。

翻訳会社や特許事務所との業務委託契約の際に、業界の相場では○○円とか、他の翻訳者さんは××円で請け負ってますって話をされることがあるのですが、そんなことは私の知ったこっちゃないんですよ。

こういうことを言い出す人にはイラっとします。

先日もね、ある特許事務所が…。

まあ、トライアルの前にお金の話をしてくれたので、多少の無駄は省けましたが。

とにかく、自分の商品の価格は自分で決めるし、価格を上げていけるようにスキルアップを目指す。

色々あって、そんなことを最近あらためて考えてます。

でも、具体的に何をしたらいいんだろう?ってところで先に進んでないのですが(^^;

h_a_z_u_k_i at 18:11|PermalinkComments(0)