aamall

米国特許

2017年11月22日

Thesaurus of Patent Claim Construction

とうとう買っちゃいました。

_SX331_BO1,204,203,200_

日本のアマゾンでは取り扱いがなかったので、アメリカから購入しました。

どんな本なのかといいますと、アマゾンに記載の説明を引用したほうが早そうなので、以下の通りです。
Claim construction is a major phase of a patent litigation where the meaning and scope of the claims themselves - the invention - is determined by the court. The outcome of this definition phase is crucial to the respective infringement and invalidity positions of the parties. The Thesaurus of Claim Construction directs practitioners to the cases in which claim terms have previously been construed, and further to the sources of the evidence used by past courts to construe the terms in dispute.
要するに、これまで訴訟などにおいて争われたクレーム内の用語の解釈を掲載しているわけです。

ちょっとだけ中をお見せしますと、こんな感じです↓

DSC_0005-1

DSC_0004

見ていただくとお分かりの通り、解釈とケース情報が列記されているだけですので、これだけ読んでもなんのこっちゃ?です。

ケース情報をもとに実際の判決文まで読まないと理解できないわけですが、少なくともどこを見ればいいのかを示してくれているのはありがたいですね。

特許翻訳業界でまことしやかにささやかれるルールは多々ありますが、何が事実で何が都市伝説なのか、その答えを見つけるヒントになるかな~と思っております。

ちなみにこちらの書籍、ペーパーバックですが、後ろのページが透けて見えるくらいうすーい紙です。

分厚いですが、持ち上げるのが嫌になるほどの重さはないので、頻繁に調べる気になります。

あんまり重い本って、正直本棚から取り出すの面倒だな~なんて思っちゃいますからね。

それにしても、一介の翻訳者がこんなことまで調べる必要あるのかな~?とも思いますが、知らないよりは知ってるほうがいいことはたくさんありますよね。

h_a_z_u_k_i at 20:26|PermalinkComments(0)