aamall

英文明細書

2019年01月12日

"at least one"と限定の範囲

最近読んで気になった判決文がこちら→Howmedica Osteonics v. Wright Medical Technology, 540 F. 3d 1337

まず、問題となったクレームを引用します。

15. In a knee prosthesis for replacing the natural knee, the knee prosthesis having a femoral component and a tibial component, the tibial component including a bearing member and the femoral component including at least one condylar element for confronting and engaging the bearing member to accomplish articulation of the knee prosthesis throughout a range of flexion, including a primary range of flexion between a hyperextended position and a flexed position, the engagement between the condylar element of the femoral component and the bearing member of the tibial component ordinarily taking place at a contact area along articular surface areas of the condylar element and the bearing member, the improvement comprising:
    anterior-posterior surface profile contours along the condylar element and the bearing member, the anterior-posterior surface profile contour along the condylar element having an essentially constant anterior-posterior articular radius throughout the articular surface area of the condylar element which contacts the bearing member during articulation throughout the primary range of flexion, the anterior-posterior articular radius having an origin lying generally along a line extending laterally between the medial and lateral collateral ligament attachment points on the femur of the natural knee.

長いね…。

論点をざっくりまとめますと、クレーム内の"the condylar element"に関する限定が一つまたはそれ以上あるとされる"condylar element"全てに当てはまるのか、少なくとも一つに当てはまるだけでいいのかという点です。

で、裁判所の結論としては、下記引用の通りです。

[B]ased on the use of the plural "condyles" throughout the patent specification, "the importance of having the same radii on both condylar elements" to achieving the benefits of the patent, and the testimony of the inventor, the district court concluded that in a bicondylar prosthesis, where both condyles are replaced, "both condyles must meet [the geometric] requirements." J.A. at 37. Although this is a close case, we disagree.

The plain language of claim 15 requires only one condylar element. The femoral component must include "at least one condylar element," which the district court correctly understood to mean "one or more." The claim then requires that "the condylar element" meet the specified geometric limitations. If the patentee had intended both condyles in a bicondylar prosthesis to meet these limitations, he could have drafted claim 15 to require that "both condylar elements" do so. The more natural way of drafting the claim language to achieve that result would be to require "each condylar element," rather than "the condylar element," to conform to the constant-radius geometry.

なんかちょっとモヤっとします。

要するに、District Courtは、明細書内では常に複数の"condyles"が同径であるしそれが重要であるという説明がされているので、クレームの限定は全ての"condyles"にかかると判断したわけですよね。

しかし、CAFCでは、クレームでは"the condylar element"と記載しており、"both condylar elements"や"each condylar element"などのように全てに同じ限定が当てはまるという書き方がされていないので、限定は全ての"condular element"にかかるわけではないと判断したってことですよね。

やっぱりモヤっとするぞ。

実際、モヤっとしてる判事がdissent書いてますし。

実際の翻訳原稿でも『少なくとも一つの~』は度々登場します。

しかし、限定部分では『少なくとも一つの』が省かれ、単に『前記~』と記載されていることもあります。

こんな時、悩むんですよね。

単純に"the ~"と訳していいのか?

ここを単数形にした場合、一つ以上あるであろう要素のうちの一つだけに言及してると解釈されるのか?

"the at least one ~"と補った方がいいのか?

でもそれなら、原稿執筆者がそう書くんじゃないか?

そうしてはいないということは…?

という感じでぐるぐるします。

いずれにせよ、上に引用した判決文を考えると、"the + 単数形"で書いた場合、どう解釈されるかは微妙な気がします。

明細書内では常に複数形だったっていうのに、一つでもいいって判断ですし。

う~ん、、、

と、この判決文を読んでさらにぐるぐるしているのですが、こういう例もあるということを頭にとどめておくと、翻訳の際に役立つことがある、、、かもしれません。

とりあえず、原稿の内容から判断して、複数の要素全てを限定したいのか、少なくとも一つの要素を限定したいのか、考えることは必要ですね。


h_a_z_u_k_i at 16:31|PermalinkComments(0)

2018年07月03日

英文明細書を読む

普段は英訳の仕事しかしていないので、日本語で書かれた明細書しか読まないのですが、空いた時間に米国企業の英文明細書も読んだりしてます。

今回読んでみたのは、No-contact cover for stethoscopes and other devicesという名称の特許公報。

なぜこの公報を選んだかといいますと、代理人が "Ronald D. Slusky"だからです。

って、誰だよそれ、って?

こちらの書籍の著者です。

Invention Analysis and Claiming: A Patent Lawyer's Guide


まあ、本人に確認したわけじゃないので、絶対この人だとは言い切れませんが、同姓同名で別人ってことはないんじゃないかな~と思います。

では、クレームを見ていきましょう。

まずはクレーム1。

********************
1. A cover for a stethoscope, the cover comprising
a pouch having front, back, top, bottom and sides, there being formed in the pouch an opening for receiving at least a portion of the stethoscope, the opening being formed, at least in part, in the back of the pouch, the pouch being configured in such a way that the opening is opposite the front of the pouch and in such a way that a head of the stethoscope can be inserted into the pouch through the opening in a direction away from the back of the pouch and toward the front of the pouch, and
one or more tabs disposed on the top of the pouch.
********************

いくつか気になる表現を太字にしました。

"there being formed in the pouch an opening"って形の分詞構文もありなんですね。

この表現、アレンジして使えそうな予感。

"opening for receiving"というのも、日本語原稿で『挿入するための開口』とあっても"insert"は使いたくない場合、"receive"はいいかもしれないですね。

"configured in such a way that"って、クレームで"such that"を禁止しているクライアントもいますが、米国の明細書にはたまに登場しますよね。

ついでに、"can be"ってクレームで使われてるじゃありませんか!

いいの?

権利化されてるんだから、許されるってことなのか?

う~ん、、、

引き続き、クレーム2。

********************
2. The cover of claim 1 wherein the opening is further formed at least in part in the top of the pouch.
********************

"further formed"で、開口の範囲が大きくなったのね。

こういう書き方もありか~。

ところで、物のクレームでは"form"を使うのは好ましくないって話も聞きますけど、普通に使われてますねぇ。

少し飛んで、クレーム7。

********************
7. The cover of claim 1 wherein said opening is the only opening formed in said pouch.
********************

ここでは"said"が使われてるんですねぇ。

"the"と"said"の使い分けのルールが、このクレーム読んでても分からないんですけど、なんとなくなのか?

"is the only opening"のように、1つしかないと敢えて限定することで、他のクレームでは複数あってもよいという意味を持たせることができるという話、いわゆるClaim Differentiationの話は米国代理人からも聞きますが、そこに頼るべきではないと以前取った米国特許法のクラスの教授が言ってました。

その辺は翻訳者の仕事の範疇じゃないにしても、なんで敢えてこのクレームを書いたのかな~と気になります。

こんな感じで、この表現いいな~とか、なんでこういう書き方してるのかな~とか、色々考えながら読んでます。

真剣にお勉強ってほどではなく。

でも、英文明細書を読むと、使われている表現も比較的自由で、色々なスタイルが見受けられるのに対して、日英翻訳の際には妙に決まりごとが多い気がするんですよね。

そのルール誰が決めたの???というものも多々ありますし。

なんででしょうね(´・ω・`)


h_a_z_u_k_i at 23:15|PermalinkComments(0)

2017年11月22日

Thesaurus of Patent Claim Construction

とうとう買っちゃいました。

_SX331_BO1,204,203,200_

日本のアマゾンでは取り扱いがなかったので、アメリカから購入しました。

どんな本なのかといいますと、アマゾンに記載の説明を引用したほうが早そうなので、以下の通りです。
Claim construction is a major phase of a patent litigation where the meaning and scope of the claims themselves - the invention - is determined by the court. The outcome of this definition phase is crucial to the respective infringement and invalidity positions of the parties. The Thesaurus of Claim Construction directs practitioners to the cases in which claim terms have previously been construed, and further to the sources of the evidence used by past courts to construe the terms in dispute.
要するに、これまで訴訟などにおいて争われたクレーム内の用語の解釈を掲載しているわけです。

ちょっとだけ中をお見せしますと、こんな感じです↓

DSC_0005-1

DSC_0004

見ていただくとお分かりの通り、解釈とケース情報が列記されているだけですので、これだけ読んでもなんのこっちゃ?です。

ケース情報をもとに実際の判決文まで読まないと理解できないわけですが、少なくともどこを見ればいいのかを示してくれているのはありがたいですね。

特許翻訳業界でまことしやかにささやかれるルールは多々ありますが、何が事実で何が都市伝説なのか、その答えを見つけるヒントになるかな~と思っております。

ちなみにこちらの書籍、ペーパーバックですが、後ろのページが透けて見えるくらいうすーい紙です。

分厚いですが、持ち上げるのが嫌になるほどの重さはないので、頻繁に調べる気になります。

あんまり重い本って、正直本棚から取り出すの面倒だな~なんて思っちゃいますからね。

それにしても、一介の翻訳者がこんなことまで調べる必要あるのかな~?とも思いますが、知らないよりは知ってるほうがいいことはたくさんありますよね。

h_a_z_u_k_i at 20:26|PermalinkComments(0)

2017年10月28日

フローチャートの動作の主体、再び

以前に書いた記事(フローチャートの動作の主体)に続き、また別の案件では何を主語に書かれているのか見てみたいと思います。

今回はHewlett Packardの公開公報から引用します。

[0046] Method 500 may start in block 521 where a plurality of product identifiers may be stored in a product database (e.g., data storage 129 of FIG. 1). A product identifier may be a serial number, a universal product identifier code (UPC), and/or other identifying information uniquely identifies individual products. A product identifier may be associated with a product description, a shipping destination of the product (e.g., country, city, zip code, mailing address, etc.), and/or other information related to the product. At least one product identifier may be associated with a promotion (e.g., a promotion identifier) that is intended for at least one end customer. The end customer(s) associated with the promotion may represent a target audience for the particular promotion. Information related to the end customer may include a name of the end customer, an organization that the end customer belongs to (e.g., a team, an office, a company, a government, and/or other organization types), and/or a geographical location associated with the end customer (e.g., country, city, zip code, home address, mailing address, work address, etc.), and/or other information relevant to the end customer. 
[0047] In block 522, method 500 may include triggering a detection of a potential grey market activity in response to receiving customer registration information from a first end customer. The first end customer may provide the customer registration information by submitting a product registration, submitting a product survey, purchasing a warranty, making a warranty claim, activating licenses associated with the product, and/or other suitable ways. The customer registration information may include, but not be limited to, a first product identifier (e.g., uniquely identifying the product), a name of the first end customer, an organization that the first end customer belongs to (e.g., a team, an office, a company, a government, and/or other organization types), and/or a geographical location associated with the first end customer (e.g., where the end customer purchased the product from and/or received the product, country, city, zip code, home address, mailing address, work address, etc.). 

[0048] The detection may be automatically triggered without human intervention upon the receipt of the customer registration information. For example, when the first end customer submits a product registration via the manufacturer's or distributor's website, the detection may be automatically triggered upon the submission of the registration. 
(US20170308941A1)

長々と引用してますが、注目したいのは各段落の1文目だけです。

今回の案件では、method 500を主語にして、"method 500 may include ~ing"という形式で、これ以降の段落も続いていきます。

方法クレームでは、"a method comprising: ~ing; ~ing; and ~ing."といった書き方が多用されますし、そういう意味ではフローチャートの説明においても、方法がある動作を含むという意味で書かれても不思議はありませんね。

不思議がないというか、このほうがクレームとの対応が明白かもしれませんね。

企業知財部でインハウス翻訳者をしていた頃、フローチャートの説明で主語がないと英訳できないと知財担当者に文句を言ったことがあります。

英語の構造上、どうしても主語が必要なのはわかるが、権利範囲などを考えると動作の主体を明言したくない場合もあると言われ、じゃあどうしましょうか?と議論したこともありました。

でも、方法自体を主語にしてしまえば解決するんですね。

なるほど~、5年前にこれに気付いていたら何らかの提案ができていたのに(´・ω・`)

主語の件とは別に、上記の引用で使われている"without human intervention"という表現もいいかもしれないと思いました。

実際に請け負うものには、色々な動作が自動化されたという話が出てくる案件もありますし、使えそうなところがあれば使ってみたいですねφ(.. )


h_a_z_u_k_i at 16:02|PermalinkComments(0)

2017年10月24日

Rules of Patent Drafting: Guidelines from Federal Circuit Case Law

ようやく読み始めました。

9781522131977_1_cover

日本のアマゾンでは扱っていないようで、上の画像にリンクはありません。

しょうがないので、私は出版元から入手しました。

Kindleで読めるように、ちょっとズルをしてmobiファイルを購入しました。

ズルの具体的内容は、興味があったらツイッター経由でDM送ってください。

内容は、まだ読み始めたばかりなので詳しいことは書けませんが、要するに、判例に基づいて英文明細書を書こうという、タイトル通りの内容になっているはずです。

特許翻訳業界では、都市伝説的な話が多く、一体誰の言うことを信じたらいいの?と思うことが多々あります。

そういった謎を少しでも解き明かすことができるよう、もっと真面目に勉強することにしました。

どこそこの誰々さんがこう言ってたとか、そういう話も一応聞いておきますが、やっぱり判例に基づいて判断するのが一番なのではないでしょうか。

というわけで、こちらの書籍と、あともう1冊購入を予定しているものがあるのですが、そちらがまた結構なお値段で(^^;

LexisNexisでは、定期的にセールをやってたような気がするので、次は感謝祭あたりでセールをやらないかな~と狙っております。

h_a_z_u_k_i at 23:59|PermalinkComments(0)