aamall

英語

2020年06月20日

Dangling Modifier(おまけ)

ツイッタランドにいい例が落ちてましたよ。


"After years of scandal and neglect"は何を修飾してるんでしょう?

この文、素直に解釈するなら、"the Trump Administration"になりますよね。

おっ、そうだとすると、別にこの文間違ってませんね(^^)

多分、書いた人が言いたかったこととは違うと思いますが。

h_a_z_u_k_i at 21:58|PermalinkComments(0)

Dangling Modifier

『本発明の装置は』で始まった文が『~を制御する方法である』で終わるような明細書を翻訳しながら、まずは自分の書く文を制御する方法でも考えたまえ、、、と思っております。

なんでこんなことが起こるんでしょうね?

うっかり?

Google Patentsで検索してみたところ、関連案件の米国出願公報が出ていて、重複する部分も多かったので使いまわしができそうと思ったのですが、そこでもまた問題が。

英文自体は、もしかしたら英語ネイティブが訳したのかも?と思うような表現が多いのですが、とにかくdangling modifierが多い。

dangling modifierって?

何を修飾しているのか不明な修飾句や、文法的に正しい位置におかれていない、文法的に正しい形になっていない修飾句です。

ここ(Dangling Modifiers and How To Correct Them)の説明がわかりやすいかも。

一見すると、dangling modifierを含む文の方が簡潔に見えることがあります。

むしろ、修飾関係を正しく示す文の方がまどろっこしく見えたり。

dangling modiferが気にならない人からしたら、正しい英文の方が下手に見えるのかな?と心配になります。

実際に、翻訳会社のチェッカーさんに、dangling modifierを含む文に修正されたことありますし。

ツイッタランドにいた頃に好きだったアカウントで、New York TimesやWashington Postの記事の英文の間違いを指摘しているアカウントがあったのですが、そこでもよく指摘されていたのがdangling modifierでした。

英語圏が出版されるライティングの書籍でも、よくある間違いとして紹介されることは多いですね。

それくらい、どこででも見かける間違いです。

それだけ頻繁に見かけると、もう受け入れられてるのかな?などと思ってしまいます。

いや、でも見かけると気になるし。

よく、英文ライティングでは、clear, correct, conciseが大切と言いますが、この3つ、同列に並べるべきではないと思うんですよね。

まず大切なのは、correct。

文法的に正しい文を書くことは必須です。

clear, conciseのその後にくる話じゃないですか?

簡潔さを目指すために、文法的に間違った文にしてしまってはいけないと思うんですよね。

まあ、個人の見解ですが。

とにかく、原文は崩壊してるし、見つけた英訳も微妙だし、ハズレ案件引いたな、、、と泣きたい気分なのです。

h_a_z_u_k_i at 13:29|PermalinkComments(2)

2020年04月16日

大学生になり損ねたので、

とりあえず、本読んでます。

まずはこれ。

How Technology Works: The facts visually explained


この手の本は、技術の深いところまで説明しているわけではありませんが、実際の仕事で使える英語表現が拾えるので重宝します。

翻訳って、ただ辞書で見つけてきた単語を並べれば完成するものではないですよね。

やはり、自身の知識として使える英語表現を蓄積することが大切で、それが翻訳のスピードアップにもつながると思います。

ツールや作業環境の工夫で効率アップも多少は可能でしょうが、翻訳スピードを上げるのにはやはり地道な努力が一番の近道です。

あとはほぼ娯楽ですが、こちらの本も面白いです。

The Math Book (Big Ideas) 


数学の歴史みたいなのをシンプルに説明してくれてる本です。

もともと数学が好きなので、こういうのは読んでて楽しいですね。

そして、どうやら最近物理のも出たらしい。

The Physics Book: Big Ideas Simply Explained


こちらもぜひ読みたいですが、その前に大学始まったくれないかな。


h_a_z_u_k_i at 14:10|PermalinkComments(3)

2019年11月18日

最近の娯楽はアメリカのニュース

しばらくブログ放置してましたねぇ。

書こうと思っているネタはいくつかあるのですが、書く気が起きない。

継続的にブログ記事アップしてる人ってホントすごいですよね。

で、タイトルの通り、最近の娯楽はアメリカのニュース番組を見ることです。

桜は今は見られませんし…。

ん?

えー、どこで見てるかといいますと、ここ

ネットのライブストリーミングです。

それにしても便利な世の中になりましたよね。

私が留学する前はFENを聞いて英語のリスニングの練習をしていたわけですが、今ではアメリカのテレビ番組がリアルタイムでネットで見られるんですよね。

ニュース番組以外にも、たくさん見られるチャンネルがあって、先ほどもトムとジェリーに見入ってたところです。

やっぱり、映像と一緒に英語を聞いている方が、あ、こういう場面でこんな表現使うんだ、という気付きが多いです。

ニュースに話を戻しまして、アメリカに住んでた頃からCNN派なのでCNNばかり見ているわけですが、弾劾調査の報道、実におもしろいです。

本を読むにしても、リーガルミステリーが好きで、他にも汚職、陰謀などを扱うものが好きなので、今回のトランプ氏の一件は見ててワクワクします。

こんなことが現実に起きるんだ~と。

今後もどうなるのか、楽しみです。

あ、楽しみなんて言ったら不謹慎狩りされるかも…。

h_a_z_u_k_i at 15:59|PermalinkComments(0)

2019年02月06日

やっぱり英語が好き

英語に限らず言葉が好きなんです。

だからそこ言語学を専攻したんですけどね。

たくさんある言語の中でも、やっぱり英語が好きです。

というわけで、英語関係の積読本を紹介します。

以前もブログに載せたと思いますが、仕事の忙しさにかまけて途中になっていたワークブック。

Copyediting's Grammar Tune-Up Workbook


次の納期まで多少余裕があるので再開しました。


最近購入してとりあえず積読かれてるのが、こちらの3冊。

Understanding Style: Practical Ways to Improve Your Writing


読みやすい英文を書くためのポイントの説明のあと、100ワード前後のパラグラフをリライトするエクササイズがたくさん載ってます。

Essentials of English: A Practical Handbook Covering All the Rules of English Grammar and Writing Style


よくありがちな英文ライティングの指南書です。この手の書籍は既に数冊持ってますが、読み比べてみるのも面白いですね。

The Blue Book of Grammar and Punctuation: An Easy-to-Use Guide with Clear Rules, Real-World Examples, and Reproducible Quizzes 


これはね、もうずっと前から欲しいと思ってたのになぜか買ってなかったので今回購入。名前通りの内容です。クイズも載ってるので理解力が試せるのがいいですね。


そしてさらに、一体いつから積読かれてるんだっけ?という書籍も。

Writing Clearly


アマゾンですごい高値ついてるけど、もっと安く買った記憶が。こちらは英語ノンネイティブ向けのライティングテキストです。かなり基本的な内容ばかりでアメリカのESLなんかで使われるテキストっぽいです。

Ins and Outs of Prepositions: A Guidebook for ESL Students


こちらも英語ノンネイティブ向けです。エクササイズもついていて、ちゃんとやれば前置詞の知識も増すはず…。


他にもたくさん積読を抱えてるくせに、今とっても気になる書籍がこちら。

Readability: Text and Context 


Readabilityってすごく興味のあるテーマなんですよね。学生時代には多少研究論文も読んでいましたが、最近じゃさっぱり。

Readabilityの理解なしに読みやすい英文を書きますっていうのも無理ありますし。

やっぱり買おうかな。

結構なお値段だけど。


とまあ、読む時間があるないに関係なく、気になる書籍を見かけると買っちゃうんですよね。

そういう人、結構いるはず。


h_a_z_u_k_i at 17:21|PermalinkComments(0)